近くば酔って目にも旅心

2019年7月11日 (木)

滋賀-2/たねや・クラブ ハリエ

Photo_20190711115301 ここは「ラ コリーナ近江八幡」という、バウムクーヘンが有名な菓子舗のフラッグシップ店舗。東京にもたくさん販売店があるので、ご存知の方は多いと思う。ワタクシも「たねや」「クラブ ハリエ]」は知っていたけど、「ここへ行ってみたい」との要望を聞くまでは、単なる菓子メーカーの一つという認識だった。実際に訪れてみて、青空の下のこの施設群には感動さえ覚えた。屋根は天然の芝であり、建物を抜けた向こう側には、稲穂がたなびく緑の広大な庭が広がり、スペースをぜいたくに使った、風景に溶け込んだ菓子種類ごとの専門Shopが点在。こどもが遊ぶ場所もあり、家族連れもカップルにも楽しんでもらおうという、意図がしっかり反映されている。今まで特定の企業施設を、ここで紹介したことなどほとんどないけど、ここは「いやいや~、お見それしました」と、いいだこ平伏。当然ながら混雑も予想どおり。9時開店に合わせて乗り込むも、入口の前にはすでに100人ほどがスタンバイ。1時間後の撤収時にはどこの売り場も大賑わいだった。このあとは琵琶湖沿いを北に向かい、"ひこにゃん"の「彦根城」へ。

岐阜-1/関ケ原古戦場

Photo_20190711110901  6/2にテレ朝で放送された、岡田准一(石田三成役)主演「関ケ原」を見たばかりなので、ここ笹尾山の「石田三成陣地跡」から関ケ原を見渡すと、何とも言えない満足感がじわじわと。しかし正直な感想は「狭いっ!」、もっと広大な地域で行われたと思っていた。現在の関ケ原町全体の人口は約7,000人弱。それが関ケ原の合戦では東軍西軍合わせ15万からの兵が、ここにウジャウジャと終結してたわけで、想像してたのとちょっと違った。一応、徳川家康後陣跡と激戦地の碑は見たけれど、家康初陣の桃配山とか宇喜多秀家陣の南天満山とかにも行ってみたかった…。一人で来てたならチャリで回って、少なくとも半日はぐるぐるしたい。午後は近江八幡、織田信長の「安土城跡」へ。平山城の安土山(199m)なれど、天主跡までの石段は、昔ながらのよくあるワルツ型。ん・ちゃっちゃ、ん・ちゃっちゃの、中途半端な幅でやたらと疲れるタイプだが、野面積の石垣もたっぷり堪能できてなんのその。

2019年6月30日 (日)

長野/伊那から木曽へ

Photo_20190630220701 梅雨のさなか珍しく晴れた6/26と、傘がいるかいらないか程度の27。地元マダムの皆さんと、伊那・駒ヶ根から権兵衛トンネルを抜けて木曽・奈良井をまわるご一緒仕事へ。3か月前のコースと初日はほぼ同じだけど、「宝積山・光前寺」のヒカリゴケはこの時期しか見られない貴重なもの。自ら光るのではなく、半球体の組織がわずかな光を反射させるのだそうで、蛍光塗料のようにぼうっと見える感じ。翌日は2006年に開通した権兵衛トンネルで木曽・奈良井宿へ。その昔、ワタクシは高校3年生の時に友人3人と、まだ徒歩でしか山越えできなかったこの権兵衛峠(1522m)を、五万分の一の地図を便りに、峠でテント泊して木曽まで歩いたことがあるのです。当時はまるまる2日かかった距離が、今では20分で行かれるようになりました。そして歩いてたどり着いた昭和48年の奈良井宿は、舗装もなくてまんま江戸時代でした。今では海外からの旅行者も多く訪れる観光地ですが。今も住まう皆さん、商う皆さんともに純朴で、妙にあか抜けないところが、とても良い素敵な宿場町です。

2019年5月 1日 (水)

東京/御岳山・武蔵御嶽神社

19_1 せっかくの10連休、1日くらい何処かへと地図を睨んでみたが、悲しいかな日帰り圏内は行ったところばかりで、うんうん唸るばかり。布団に入って手枕で3晩悩んで、やっと「御岳山」に気がついた。御酒・澤乃井の「小澤酒造」は行ったことがあるが、御岳山の「武蔵御嶽神社」への参拝はまだない。4/29お天気まあまあ、立川・青梅と乗り継ぎ、御嶽駅からバスでケーブルカー下という停留所へ。が、目の前の乗り場までの坂がまずキツイ。この登山鉄道も大したもので、最大斜度25.平均22度あるので、なかなかの迫力。さらにその先はもっとキツい徒歩20分。御師集落(現在は宿坊)の急坂と階段をたっぷり堪能して、やっとたどり着いた社殿であります。山岳信仰とくれば守り神はお犬様(ニホンオオカミ)。だからと言って、ペット犬を連れた参拝客が、こんなに多いとは思わなかった。標高923mでは桜の開花もちょうど見頃で、ほどほどの混み具合もちょうど良し。

2019年4月 6日 (土)

長野-2/ハ~天竜下ればヨー

Photo_2 「ハー、天竜下ればヨー ホホイノサッサ しぶきに濡れて」と、市丸姐さん(今は昔の唄い手サンです)が昭和の時代に唄った、その天竜川下りの舟に乗っております。ワタクシとしては20年ぶりくらいか。このところ雨が少なくて水量が今一つとのこと、しぶきに濡れるほどの迫力はなかったけれど、船頭サンの名調子はなかなか面白く、川風も気持ちよかった。乗船口では餌パンを売っていて、弁天港を出るとすぐにトンビがわらわらと空を舞う。ばーっと川に撒くと、両足で掴んで飛びながら体を曲げ、うまいことクチバシに運ぶのだ。ぱちぱちぱち!瀞になっているところでは、たくさんのカルガモが漂っていて、すすすーっと行列で餌に近づいたり、岩の上に佇むアオサギを見たりしながら、あっという間の30分だった。「近年は若者向けにラフティングもやってますが、新企画として"竹筏下り"も始めたのでぜひご送客ください!」と、営業部長サンに言われてしまった。んー、面白そうだけど、若いお客さんとは縁薄いからなあ。


長野-1/南信州・飯田の桜

Photo_1 「治療入院の都合でここしか日程が取れない…けど、今まで行ったことがなくて、少しでも桜が咲いてそうなところ」という幹事さんの難題。4/1-2は地元旅行会の皆さんと、南信州は「伊那と飯田・昼神温泉」まで行ってきました。3月中旬の予想で開花は早いと言われていても、行ってみるまで不安でしたが、7~8分咲きから、ピンクの蕾が今にもの桜や、緑の山肌に見え隠れする山桜までいろいろで、一喜一憂それなりに楽しいご一緒仕事となりました。写真は飯田の元善光寺から徒歩2分、明治7年に建てられた歌舞伎舞台と併用という、珍しい木造建築「旧麻績学校校舎」の前にあって、5枚~10枚の不規則な花びらをつけるという、これまた珍しい「麻績の里・舞台桜」です。過去に500花を調べた結果では、5弁=15%、6弁=33%、7弁=25%、8弁=19%、9弁=7%、10弁=1%、だったようで、全国でもここにしかない変異新種で「半八重枝垂れ桜」というそうです。惜しい!ほんの少し早かった。

麻績の里・舞台桜ライブカメラ
http://www.iidacable.tv/livecamera/95/

2019年4月 4日 (木)

お花見ウォーキング

19  中学校同窓ブログを月イチで書いているのだけど、エリアが「旗の台・荏原町・中延とその周辺」ということで、4年目ともなると季節のお題探しに苦しむようになってきた。幹事仲間は「狭いんだから、同じところでいいじゃん」と簡単に言うけれど、こちらとしては「あ、ついにネタが尽きたな」と思われるのも悔しいので、今年の4月ネタは「お花見ウォーク」というのを絞り出した。スタートは東急目黒線の西小山駅で、ここから立会川を暗渠にした「立会道路」の桜並木を歩く。ほどなく中原街道の昭和医大病院に出て、旗の台で有名なワンコイン海鮮丼の昼食。ランチビールと合わせても計700円と、日曜でも食べられるランチとして破格である。そのまま母校前のちょぼ咲き桜を見ながら長原駅まで行き、ここから下ってかつては釣り堀だった「小池公園」へ。さらに歩いてたどり着いた「洗足池」は、ご覧のとおり花見の宴でぎっしり。ゴールは大井町線の大岡山駅だ。万歩計は約12,000歩で、距離はほぼ10km。ランチタイムを入れて約3時間半。鼻水をずるずるすすりながらも、楽しいウォーキングとなったのでした。


2019年3月18日 (月)

愛知-2/猫と河豚と蛸と

Photo顔だけの巨大な招き猫である。陶器で有名な常滑にいるので「とこにゃん」と言う名前です。それってどこ?と、ぱっとはわからないだろうけど、知多半島の付け根のあたり、電車で2つ先が「中部国際空港(セントレア)」と言えばわかるだろうか。街のあちこちに猫のオブジェがあって、陶器片で囲まれた狭い道を、登窯や工房を訪ねてのぶらぶら散歩は楽しい。さらに常滑から名鉄で河和という港まで行き、船で渡る周囲6.6kmの島が「日間賀島(ひまかじま)」です。名物は「河豚(福)」と「蛸(多幸)」なので、日頃から自分のことを「たこ社長」と言ってるワタクシとしては、何としても夕食で"たこの丸茹で"を食べたかったのですが、河豚コース(てっさ、てっちり、唐揚げ、白子焼、ふぐ寿司、ふぐ酢、ふぐ皮サラダ、ふぐ雑炊)となると、食べきれる自信がなくて泣く泣く諦めました。港はもうタコだらけで、駐在所もお出迎えのオブジェも、お土産まんじゅうも"たこで~す"。本物のたこつぼを買ってくるのも忘れました。今だに「蛸」がとても心残りです。

2019年3月17日 (日)

愛知-1/にっぽん丸で名古屋

190312ちょいとワケありで、5年ぶりに商船三井の「にっぽん丸」で、名古屋まで行ってきました。今年の正月にグアムで桟橋にぶつかり、お尻に大穴を開けてしまったあの船ですが、何だかんだと叩かれても、当社で一番売っているクルーズなので、まあまあ応援しているのです。飛鳥Ⅱ、ぱしふぃっくびいなす、S.プリンセス、QEⅡ、コスタ、などいろいろ乗りましたが、コンパクトさ、美食適量、適正価格という点では、日本人シニアにお薦めの船だと思います。今回は出港してすぐGODIVAのショコリキサーとミニハンバーガーを。夕食は仏料理をフルコースで。22:30から夜食の鮭茶漬けとフルーツを。ピアノコンサート、カジノ(増えたら商品交換できるチップ付/全部すってしまいました)、それに大浴場からの夕日&朝日。すべてが基本代金に含まれているので、払ったのは夕食のワイン代4,320円のみ(もちろんフルボトル)。朝食後9:00に名古屋入港も、まっすぐ帰るのはモッタイないので、常滑の「とこにゃん」に会ってから、河豚と蛸の島として有名な「日間賀島」へ。

2019年3月 5日 (火)

杉山神社フォーラムⅢ

Photo今、ワタクシが住まう横浜市青葉区、その昔は都筑郡であった。現在の都筑区、青葉区、緑区、旭区と、港北区・保土ヶ谷区の一部に加え、川崎市麻生区の大部分というからかなり広い。また横浜市の東部一帯(含む全川崎市)は橘樹郡。南部一帯(金沢区・磯子区など)は久良岐郡と言った。この3地域のみに広く鎮守として存在する「杉山神社」。主に鶴見川沿いに多いのだけど、これが起源のわからない謎多き神社なわけです。以前、瀬谷区、泉区、藤沢市を流れる境川沿いに11(12)社ある、こちらも謎の「サバ神社」を巡るバス企画を実施したことがあるけど、いったい誰が最初に、何を目的に祀り勧請したのか、そしてどういう理由で、誰が広げていったのか、その地域のみに存在する神社と言うのは実に面白いのだ。今回のフォーラムは関連盛り込みすぎで、少々残念な内容だったけれど、無料の催しなのでまあ仕方ない。日本史学者「盛本昌広」さんの、信仰の広がりを鶴見川、帷子川、大岡川などの、水系流域から考察した講演は、興味深く拝聴させていただいた。

より以前の記事一覧