近くば酔って目にも旅心

2020年9月29日 (火)

福島/カネゴンに食事を

Photo_20200929121601 不用お宝の品々と、誰も貰い手のなかった32型テレビを、嬉々として車に積み込み(ワタクシは寝床では未だに変換器を付けた、94年製の15型ブラウン管テレビだったので)、義父の墓参り、コロナで面会不可の婆サマ(義母)の施設にお菓子を差し入れて、会津若松でのミッションは無事終了。せっかくなので翌日はGoTo給付を利用して、母畑温泉八幡屋さんに泊って帰ることにした。そこそこアクセス不便な山奥ながら、ハードもソフトも変わらず高得点で、引き続きのお薦めを再確認。帰りついでは"特撮の神様"と称される円谷英二監督の出身地、須賀川へ寄ってウルトラマンモニュメントを見学。街なか通り沿いにたくさん点在するので、外せないウルトラマン&タロウ、バルタン星人、レッドキング、ゴモラ、ピグモン、カネゴンだけを見学。ゼットンを見逃したのは残念だったが、最大の失敗は"カネゴンはコインが好物"を忘れていたこと。紙幣は食べないんだね、ゴメンよ。


2020年9月28日 (月)

栃木/どうぶつ睨みがえし

Photo_20200928230601 会津の義母がやっと介護施設に入ったので、鶴ヶ城まで徒歩10分という、立地抜群のその住まいと蔵は、親族の滞在用にリフォームすることになった。間口で税金が決まっていた、城下町にありがちな奥に長い土地建物のうち、道路に近い老朽部分にあたる3分の2は撤去、その不用品は一族郎党の切り取り御免というので、ヤフオクで売れば高値がつきそうな、古箪笥や会津漆器などを引き取りに行ったのだけど、「那須どうぶつ王国」の業者下見券があったことを思い出し、東北道那須ICで下りてちょっと寄り道、会津西街道の下郷へ抜けることにした。コロナ禍で平日の山ン中、観光客などいるのかと行ってみれば、あれま、なかなかの盛況でないの!大半は家族連れとカップルで、車のナンバープレートは地元の栃木県がほとんど。とは言え春日部、湘南、千葉なども数台。横浜はさらに肩身が狭い? 園内見学コース、ナマケモノ、カピバラ、ハシビロコウ、スナネコ、などの前はカ・ワ・イ・イを撮ろうと、スマホを構えた皆さんでみっしり。ワタクシもちょっと粘ってこの4枚。


2020年9月 3日 (木)

水攻め忍城・石田三成

Photo_20200903205501 来週9/7はGoToトラベル地域共通クーポン、やっとの初説明会だ。9月から運用開始のはずも、未だ手元に現物は届いていない。それでも現場の皆さんも、与えられた業務を一生懸命こなしているのだろうし、もういちいちわうわう吠えるのも疲れたので、そのうち動きだすでしょと気持ちは笹船のごとし。しかしそうは言っても、そろそろいずれはを考えねばと、ひとり埼玉の巡検に行ってきた。この写真を撮ってから、そう言えば前にもこんな…と思い返したら、19.7.11にあの関ケ原を石田三成の陣から撮っている。ここはTV日曜劇場「陸王」の舞台・ロケ地となった、足袋の街・行田市。もう一つの水攻めをされた岡山"備中高松城"のように、秀吉のマネをしたもののうまくいかず、三成すごすご撤退したという、あの映画「のぼうの城」で有名になった、「忍(おし)城」がある街でもあります。来てわかったのは、意外と時間がかかるということ。関越道と東北道の真ん中なので、どちらの最寄りICからも30~40分一般道を走らねばならない。名物B級グルメ「ゼリーフライ」、思いのほか美味かった!


2020年7月30日 (木)

(続) Go To トラベル

Goto_20200730215901 前ブログを書いているときは、連休明けにはGo To トラベルの宣伝ができると思っていたが…甘かった。ずぼずぼの泥田にはまり込んで、何度も苗を植え直している感じ。指示どおり連休中のWeb仮申請を終え、7/27の01:10には登録完了のメールも来て、メデタクGo To トラベルの取扱い承認が下りた(担当の方の頑張りには感謝)と喜んだものの、まだたくさん?があるので観光庁HPを見直したら、説明会で貰った7/20付のQ&Aが、早くも7/23、25と更新されていて、最新の7/28版 20ページをプリントアウト。で、さっきまた見たら7/30版となっていて、なんじゃそりゃ…と。ルールもころころコロナの二転三転&四転五転で、そのぐだぐだ具合にあきれるばかり。もう日々いちいち興奮するのにも疲れたし、コロナもまた感染拡大してきたので、Go Toトラベルの具体的な活動は、しばらく様子見をすることに。

と、〆ようとしたら、今また追手続のメールが来て、「本申請手続を変更します。後日(8月上旬)改めてメールで通知します」とのこと。休憩は許さないみたいだ。


2020年7月23日 (木)

Go To トラベル

Goto7/22からGo To トラベル事業がスタートしたけど、この紋切り型の名称、Let'sとかPleaseとか付けたらどうなんだろう。ま、ともかくもこれに伴い7/21.22の両日、約2,500名を5回に分けた旅行会社への、初めての後付け説明会が行われた。ワタクシも昨日740名参集(密怖い~)の第三回に出席してきた。説明は「たら、れば、ただし、の予定、持ち帰って、後日発表」の多発で、仕組みや手続きについての理解度は、3割から5割くらいにはなったものの残りは暗中模索?で、とにかく走りながら考えようという状況。渡された2冊のトリセツを読むと、今さらで「参加希望の旅行会社は、まず26日までにネットで仮申請をしなさい」とある。参加者の一人から「あのう、明日から26まで4連休ですけど、不明点はどうすれば」の質問に、「コールセンターは連休中も開設してます」でちゃんちゃん。でさっそく今朝から何回も電話をしてるのだけど、予想どおりのツーツーツー。どうせ雨の連休となりそうなので、順次わかったことから会社のホームページに載せていくつもり。あれこれ振り回されて、苦労するわりに見返りは少なそう。


2020年6月13日 (土)

神奈/箱根湯本 お宿の再開

Photo_20200613174101 コロナウィルスの影響で休業していた箱根湯本温泉のホテルが、営業再開で県内業界関係者に、感染予防対策の検証と、従業員のウォーミングUPという目的で、優待料金を設定してくれたので、県内移動なら良いだろうとさっそく行ってきた。入口で検温、手の消毒、フロントの飛沫防止パネル、夕・朝食の提供方法など、安心第一の対応はほぼ申し分なく、ワタクシも良い勉強になった。何よりも久しぶりの露天風呂がサイコー! さて梅雨入りの曇天で、来るときは雨でも影響がない、茅ヶ崎の熊澤酒造と併設のパン屋「mokichi bakery」に寄ってきたので、帰りも元箱根のパン屋「Bakery&Table箱根」に寄って、御殿場経由で帰宅することにしたのだけど、畑宿あたりから強風&濃霧で真っ白け。こんな天気で営業してるのか?と着いてみれば、そうしゃるでぃすたんすを守って、レジ待ち行列がこのとおり。窓の外はすぐ芦ノ湖畔だけど何も見えない。御殿場でもついでだからと和菓子の「とらや工房」に寄る。帰るときになってここは静岡県だったと気がついた。今回のパン店の感想は2店とも「ふつうに美味しい」。

(ホームページのTopicsに、感染対策お宿レポートを載せました)


2020年2月23日 (日)

佐賀/SHIME&西海 嬉野-2

Photo_20200223114101 ライブの翌日は「有田焼窯元通り・陶山神社~祐徳稲荷神社~鹿島肥前浜酒蔵通り」と巡って佐賀空港までの観光プラン。この伝統的な製陶工程を描いた、「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」(重文)は有田陶磁美術館に飾ってあった。現在まで他には存在が確認できておらず1点モノとのこと。当時の職人の菊練り、ろくろといった作業や、管理職や社長?と思われる姿もあり、じっくり眺めているとなかなか面白い。人気TV番組「ブラタモリ」の有田編でも紹介されたそうだが、ワタクシ残念ながら見逃しで再放送に期待。はるか昔の有田来訪を思い出し、何時だったか調べたら、昭和50年8月で実に45年ぶりだった。その時一つ10円で買った2匹の小さな小さな猫の置物は、今でもワタクシの机の上で元気にしているので、皆さんが今回買われたものも、長く愛用されることを願っています。


2020年2月22日 (土)

佐賀/SHIME&西海 嬉野-1

Photo_20200222215801知人・友人お客さまとなっている、成人病専門のクリニックTN医院長から「SHIMEと西海のライブを、故郷の嬉野温泉で実施するので、東京から聴きに行く皆さんをツアーでまとめて欲しい」と、昨年末にご依頼があり、今のところまだTNさんお客さまのワタクシは、楽しそうなのでハイハイと引き受けたのでした。当日は佐賀空港から皆さんと嬉野温泉入り、お昼は温泉どうふの有名店「よこ長」。ヨコナガではなくよこちょう。すんごく美味い!が、ずうずう啜ったにもかかわらず、悔しいことにワタクシの舌では出汁が分析できず。なんだろうあの旨さのベースは…悔しいなあ。で、会場は旅館・大村屋さん、着いてびっくりの金屏風にお座敷ときた。来場者は立ち見を含めて160人ほどで超満員。座敷のベタ座りは腰が辛かった…けど、がんばって聴いた演奏と歌はとても良かった。しかもその後の東京組だけの二次会は、シャレオツなBarで飲み放題のご歓待!これでは文句は言えません、が、しかしですね、次回はぜひともイス席でお願いしたい…。


2020年2月19日 (水)

東京/商店会 防災バス研修

Aed-2 来店お客さまに緊急事態が!という場合に備えて、胸骨圧迫とAED操作法をお勉強。今年はAED、消火器、煙避難、地震体験の4つ。大事なのは大声で周りに知らせること。商店街のどこにAEDがあるか知らないという喫緊の課題も見つかり、マップを作って配布しようという意見が出た。企画したワタクシとしてそういうお役立ちはとても嬉しい。ランチの後は、商店街視察と称したお買物散策、今年は巣鴨地蔵通り商店街へ。高岩寺(とげぬき地蔵)へお参り後、塩大福みずの、パンのタカセ、あんぱん喜福堂などへご案内。意外にも月曜日だというのに来訪客が多く、お昼時のときわ食堂には行列ができていて、バスの運転手サンはここでお昼を食べる計画が頓挫、残念でしたね~。帰りがけにサントリービール武蔵野工場へお立ち寄り。無料でプレミアムモルツ・マスターズ ドリームが飲めて、皆さんにこにこ満足で一日研修が終了。


2020年1月29日 (水)

福島/帰還ミッション完了!

Photo_20200129223101 コロナウィルスの渦中にある武漢在住邦人が、今朝9時にチャーター機で帰国したが、ワタクシの帰還ミッションはそんな人道的なものではなく、昨年10月末に転んで右肩を骨折した、会津若松の義母93歳の婆サマ。地元センセーのご託宣は、「東京の3人娘に回復までメンドーを見てもらえ」と言うもので、正月をまたいだ3か月、川崎・すずかけ台・当宅をたらい回しとなっていたが、予定の3月を待たずにすっかり元気になり、食欲旺盛・悪口雑言から、終いにはワタクシの母の墓参りに行ってはしゃいで、転んで頭から血を流すに至り、「いいかげんにもう帰れ!」と言うことになり、車があって何とか時間が作れるワタクシに、乗せて還すという使命が下ったのだ。が、来てみれば真冬だというのに雪はなし。ここぞとばかりに、クマが出ると脅されていた東山温泉「羽黒山湯上神社」に詣でてみた。ここは階段好きにはたまらない1225段があり、熊本の3333段、本家羽黒山神社の2446段、琴平神社1368段に次ぐ、登段歴第4位となったのでした!頑張っての往復1時間。現在少しばかり筋肉痛であります。


より以前の記事一覧