近くば酔って目にも美味

2017年1月18日 (水)

沖縄・島とうがらし

Shimato17

昨年、そこそこに育った島とうがらしを泡盛に漬けて、あの沖縄名産の「コーレーグス」を作ったまでは良かったのだけど、その風味が沖縄すぎて活躍できる料理が少なく、未だに半分残っている。これでは今年、倍の量に育った島とうがらしの使い道がないではないかと、有楽町の「沖縄・わしたショップ」にパクリに出かけると、あった!ありました、ニンニクとオリーブオイルで漬けるという手が。寒さに弱いので12月以降、店の中で育てていた(大きくてものすごく邪魔だった)トウガラシを摘む。「さわった手で目をこすってはイケナイ」ということぐらいは知っているが、途中で手のひらが妙に痒い。「もしや」と思い手を水で洗ってから、ちょびっと舌先で舐めてみる。「びりびりびりー、ああっ!」と、これぐらいもの凄い辛さなんです。楽しみ~。で、まあ先日、無事に瓶詰めを完了したのですが、その後、なんと寒くて固まったままなんですね。待ちきれなくてちょりっと舐めてみたんですが、全然…。まあ、のんびり春を待つことにしたいと思います。

2017年1月 9日 (月)

横浜橋商店街・豊野丼

Toyono昨日に続き今日もイベント&ランチ。横浜市民防災センターでの「大雨災害・防災研修」が昼過ぎに終わり、キムチを買いに阪東橋の横浜橋商店街へ。昼食はテキトーに何処かでと思っていたら、友人から噂に聞いていたけど、いつも待ち人多しで素通りしていた、「豊野丼」に行列がないのを発見。恐る恐る戸を開けると満席なのに、「はい注文は?」と聞かれちょっとたじろいだが、友人からのアドバイスを思い出し、「かっ、海鮮丼でゴハン少なめ」と答えてまずは無事承認。出てきたのが海老天、穴子天、キス天、に野菜天3種が乗っかった山盛りのこれ。ワタクシもぐもぐが遅いので、後から来たカップルが普通盛りをワシワシ流し込むように食べて、「お勘定」と言った時にはちょっとアセった。それでもゆるゆるとなんとかギリ完食。これで800円+しじみ汁100円とは見事なコスパだ。ひと心地ついて見渡すと、棚にあの「キタナシュラン」の人形があったので、ここもあの「とんねるずのキタナシュラン認定店」だったのかと。うん、確かにキタナ美味い店だ。

2016年11月28日 (月)

柿ジャムと柿プリン

16

食べても配っても、どんどんジュクジュクになっていく柿を横目で見ながら、ご一緒仕事が続いて時間がとれず、昨日になってやっと二年ぶりの柿ジャム作り。昨年は柿が今年の半分くらい(それでも200個くらいは生った)だったので、みんなに配ったらそれで仕舞になってしまったのだ。例年、柿をむいて種と分けるのがメンドーな作業だったけど、今回ひらめいたやり方で、制作は大幅短縮の3時間ほどに。なぜ今まで気がつかなかったのかという、何でもない柿的いや画期的な方法で、450ml×4、250ml×4の瓶ジャムと、今年初めてトライした柿プリン4つが出来た。使った柿は50個ほど。今朝、食べてみた。ジャムは柚子の絞り汁をチョーシに乗って入れすぎて、香りと酸味で柿の風味が薄れてしまったかな~という感じ。プリンは蒸してはいないので、食感はババロアとかムースに近い。お初なので素材はベースになる柿と牛乳だけにしたのだけど、なんだこの美味しさは。柿はまだ30個ほど残ってるので、今度はレシピどおり砂糖やその他を加えて作ってみよう。

 

2016年11月13日 (日)

秋の収穫/レモン実る!

16lemon

楽器職人のNKさんからのお誘いで、竹林のあるご友人宅のタケノコ掘りパーティに伺ったところ、玄関前の大樹にたわわに黄色いレモンが生っているのを見て、「キレイだなあ」と感銘を受けたのが今を去ること7年半前。当時は果樹栽培の知識もなかったので、さっそく庭に安い実生苗(種からの苗)を植えたのだけど、その後の調べで接木苗じゃないと結実まで7~10年はかかると…知った。それからというもの、枝は四方八方にぐんぐん伸びるわりに花は咲かないし、剪定しようとするとトゲが刺さるしで、このところノーマークだったのだけど、先ほど出掛けようと車に乗って何気なく見上げるとレモンが!見渡してみたが実ったのは一つだけ。それでも嬉しい。当時のタケノコパーティの写真を探して撮影年を見ると、植えたのはピッタシ7年前だった。さっそく今晩はレモンチューハイにしよう。

2016年11月 3日 (木)

秋の収穫/柿採り

165

柿採りは今年も豊作だ。しかも大きくてチョー甘だ!樹齢おおよそ42年になるけど肥料はもちろん、殺虫剤も使わずで、毎年、数百個の実りを授けてくれる。とはいえ老齢なのはこちらの方で、さすがに樹に登る足元がおぼつかなくなってきた。がんばって2階のベランダと同じ高さまでなんとか行かないと、イチバン密集しているところに高枝挟みでも届かないのだ。(てっぺんは2階屋根と同じ)それでも高枝挟みは落ちて割れる確率が高いので最後の手段。採った柿は落ち葉でメイワクを掛ける向こう三軒両隣におすそ分け。あとは知り合いと、新宿ゴールデン街の行きつけに配って酒と交換だが、これは「わらしべ長者」のようにはならず、たいていは「猿蟹合戦」で返り討ちだ。閑話休題。残りは柿ジャムにするのだけど、ちょっと今年はさすがに多すぎ…。ネットで見つけた「柿プリン」とやらにチャレンジしてみるか。そうだ、発酵させたら柿酒とかにならんかのう。

秋の収穫/ さつま芋掘り

1611

11/5-6の会津若松行き。7の城址巡り原稿〆切り、8は真田の上田城行きと、準備しなけりゃならないことが山積みの本日ではあるが、タイミングとしては今しかない「さつま芋」と「自然薯」の掘り出し&「柿採り」。気合を入れて朝8時から作業開始!今年の5月に"プランターでさつま芋が出来ないものか"と思い立ち、さっそくトライ。庭に地植えだとツル返しがやっかいだが、道路に向けて葉っぱを垂らせばノー問題と考えたのだ。で、ご覧のとおり大正解。3つのプランターで条件を変えて試してみたのだけど、意外だったのはネットに誘引して、ツルを上にのばしたプランター。葉っぱは茂っているのに芋は無し。理由はわからないけど、同様に3本栽培した「自然薯」も、みなエンピツみたいだったので、やっぱり自然のままに地べたを這わせた方が良いのかもしれない。さっそく小さめを煮てバターで食べた。大丈夫!美味し。残りはより甘くなるよう2週間ほど追熟させるのだ。

2016年10月 5日 (水)

新高梨

Niitaka

いつも「浜なし豊水」でお世話になる農家さんへ立ち寄ったら、通常はKg780円する「新高」のB級品があったので、少し安い値段でふたつ買って計ってみると1個が1Kと90g。まるでソフトボールのようだ。ブログに書こうとして調べたら、「ニイタカヤマノボレ」で台湾品種かと思っていたのに全くの見当違いと判明。当初は新潟県「天の川」と、高知「今村秋」の交配種だと思われていたので「新・高」になったのだけど、その後の遺伝子解析で花粉親は神奈川「長十郎」と判明、だからホントは「新神梨」。なんだか近頃話題のDNA検査で実子じゃなかったみたいな衝撃の結果だね。小学校の頃、母に梨のお使いに行かされて「二十世紀と長十郎があるから、長十郎を買ってくるんだよ」と言われていたのに、口から出たのは「セイジュウロウください」。八百屋の兄ちゃんすかさず「そんな歌舞伎役者みたいな梨はないよ」。名前がまざっちゃったんだ。このことは今も憶えているくらいだから、よほど恥ずかしかったんだろうなあ。

2016年9月22日 (木)

やきそば弁当あんかけ風

Photo

旭川駅前のイオンで、知ってるヒトは知ってる北海道限定「やきそば弁当」の隣に、新しいバージョン「あんかけ風」を発見。調べたらすでに2010年頃発売されていたようだが、"新発売"とあるので少し製法を変えたリメイクのようだ。6個でもやたらとかさばるから宅急便にしたら送料760円の方が高いので、とくに買いたいわけでもない乾燥氷下魚や鮭トバなども入れる。てなわけで本日実食。内容も味も期待を裏切らないチープ感たっぷりのウマトロあんかけで、充分に好奇心は満たされたけれど、とにかく( )書きの多さに笑う。お湯を捨てる(やけどに注意)は普通だが、(あんかけの素はフタの上であたためない)に続き、内側の下の線(170ml)まで注ぎ、とろみがつくまで(30秒以上)よくかきまぜ・・・と、メンドーくさがりには向いてないシロモノだ。なおトドメに(中華スープは付いておりません)ともある。

2016年1月13日 (水)

ねずみ大根

Nezumidaikon

一昨日1月11日は「鏡開き」。といってもメインの鏡餅はヌイグルミだし、机やトイレに飾ったのも、市販の個包装丸餅を二つ重ねて招き猫を載せただけの簡略型なので、威張れたものではないのだけど、今日のお昼に「おろし餅」が食べたくなって、まだちょっと小さいけどプランターから、今年初の「辛味(ねずみ)大根」を引っこ抜いてみた。下ぶくれでカワイイぞ。隣のゼンマイ鼠は我が家のニャー「ビビ」のおもちゃ。すりすりして醤油と唐辛子をふりかけた餅3つ。ちょうど良い辛ウマでグッド!残り7株も順調に成育中。

2015年12月17日 (木)

コーレーグス

Koregusu

トライ3年目でやっと赤くなった「島とうがらし」。白い花から小さな実までは生るものの、そのまま枯れてしまっていたので、今年は11月からお店の中へ。かなり邪魔だけどその甲斐あってこのとおり。これで沖縄の辛い調味料「コーレーグス」を作るのだ。左の泡盛古酒はなんと12年前の未開栓モノ。古酒の古酒だから色が変わっている。右は先日の沖縄で工場見学をして貰ったオマケ泡盛。試しに一つ端っこをかじって見ると辛くない、「あれ?」と再度かじると「あ、辛いっ」 ひたい汗ドシッ!で良かった。正月には使えるかな。