近くば酔って目にも見よ

2018年12月 9日 (日)

欲張りパンジー

Photo先週、駅前商店街の街路樹下76基に、パンジーを10株ずつ植える作業をしたのだけど、終わってみたら大量の余りが出てしまい、「数勘定は合ってるはず???」と首をかしげる事態に。理由は、この春から商店街通りに面していない店舗には、不公平の是正案として、プランターに植えた花(サルビア)を配布したのだが、この夏の猛暑で枯らしてしまい、「世話ができないので今回から不要」というところが続出したためだった。「一日おきでも水さえあげれば、ふつうは枯れないよ」とはこちらの論理。メンドーなものはやっぱりメンドーなのだ。と言うことで止せばいいのに、欲をかいて余剰の3ケースを無料ゲット。「やったー!」と叫んでから10日、まだこのざまである。昨日、なんとか店舗階段用に7鉢作ったところで、至急の行程・見積もり依頼がきて作業は中断。で、今もこのまんまである。今日はこれからバンドの練習だ。まあ、水さえやってれば枯れないとは思うけど…いささか持て余している。

2018年11月30日 (金)

オールドタイム・ミニフェス

Old_time11/25(日)の午後、等々力の「サルーン・ウェスタンクラブ」の、オールドタイム(ブルーグラス初期の演奏形態&歌)ミニ演奏会で、療養中のバンドリーダーが、「練習の成果を弾いてみる」と言っていたので、抜き打ちで冷やかしに行く。初めて来たが、なかなかに小体な店で、14:00前に到着もほぼ満席。なんとか席にハメ込んでもらう。ワタクシこのジャンルはあまり詳しくないのだけれど、「オートハープ」や「フレイリングバンジョー」の演奏は、ふだんあまり聴かないので、指の動きや音色は楽しい。ただ演奏者の交代にスキマがなく、前半が2時間10分もあるので、狭い店内でトイレもままならず、抑制しながらのビール小瓶ちびりちびりはちと侘しい。さてお目当てのHOさんとJIさんのデュエットは、リハビリの甲斐あってか、思ってたよりかなり良く弾けていてびっくり。「まだ右手が痺れるので3曲が限界」と、苦笑いしていたがどうしてどうして。復活の兆しにホッとする。

2018年11月23日 (金)

防災訓練・食糧物資班

Photo先週末は地元自治会共同の地域防災訓練。「避難誘導班」「救出救護班」「管理情報班」いろいろある中、ワタクシは「食料物資班」で米を炊く係だ。9月に予行練習をした時は5kgだったが今回は20kgを一発炊き。しかも練習の参加者で今日来たのは数人のみ。おまけに用意されたのが新米ときた。おいおい!ずいぶん条件が違うじゃないか。「新米だから少なめに」といったん決まった水の量が、別の自治会で説明書どおりに炊いたら、焦げて食べられなかったらしくて、25Lが30Lに書き換えられていたりする。「いやそりゃ多いですよ」と抵抗したものの、年長爺サマには勝てず押し切られる。結果として上部はまあまあの出来だったが、中心部は全体の重さもあってか、圧縮団子状態だった。ま、それでもギリOK。なにせ約200人分のカレーライスを提供するのだから責任重大で、男衆皆、ホッと胸をなでおろしたのでした。

2018年11月12日 (月)

今年もハロウィンパレード

1810/27(土)は地元商店街のハロウィンパレードだった。集まった子供たちは諸般の事情で写せないが、ワタクシが用意した「うまい棒」200本が全部無くなったので、付属の親を含めると概ね300人ほど集まったと思う。商店街の…と言うと、「さぞ各店みんなで盛り上がるんでしょうね」と言われるのだけど、考えてもみたまえ、朝の10:00というと居酒屋関係はまだ寝てる。医療関係は患者の対応でそれどころじゃない。物販も店先でお菓子は配るけど、お店をカラにしてコスプレまでは付き合えない、普通の会社は休日だ。と言うワケで、毎年、誰が交通整理や誘導をするのかと言うことになるのだけど、そうなると時間がまあなんとかなる、このメンバーしかいないのが現実だ。主催者のこども英語スクール経営者とそのスタッフ、髪結いの妻、地元の不動産オーナー、市会議員、でワタクシという布陣である。親目当てで「うまい棒」に当社のチラシを巻つけたが、未だに電話一本ない。

2018年10月19日 (金)

やっとことっちゃうんとこな

18nlt前公演の「老婆と毒薬」は、カンボジア行きが重なって観られず、ほぼ1年ぶりで劇団NLTのお芝居。新劇と歌舞伎をミックス?したコメディ「やっとことっちゃうんとこな」。なんのこっちゃと調べたら、普通ではありえない激しい姿や動きをした時に(荒事というそうだ)叫ぶ、歌舞伎の決めゼリフのようなものらしい。ワタクシなりには「やっとこ、どっこい、うん、こらしょ」と理解。3時間というインド映画並みの舞台時間ながら、すっかりハマり込んで楽しませてもらった。先日の世附に続く忙中閑あり。観に行けて良かった。終わっての打ち上げで、出演者の我らがカイホーさんは、「芝居界の本に脚本が紹介された時に、関係者からこんなのできるのかって言われて、みんなちょっと意地になった」と笑っていた。歌舞伎の堅苦しい所作のスキマに、瞬発的に挟まる笑い。役者さんそれぞれの雰囲気に合わせた、無理のない脚本がとても素晴らしいと感じた。カーテンコールの写真OKでパチリ。皆さん、楽しい時間をありがとう。

2018年10月16日 (火)

世附川ピッキンパーティー

Dsc0217110月がこんな過密スケジュールになるとは思っていなかった8月、主催者に「初参加します、よろしく!」と言ってしまった手前、行きたい×止めたいを逡巡しつつ参加した、足柄山北の「世附(よづく)ピッキンパーティ」。雨模様ではあったけど、「行ってしまえば、そりゃ楽しい音楽フェス」なのであった。今回はギター、ウクレレの名工なのに、「マンドリンは作るのが面倒だから」という理由で、誰やらが作ったモノを4つも購入している、楽器製作者「夢弦堂」さんの車に乗せてもらい、バンドの相棒トシローとトリオでの道行だ。いつもと違って運転はしないし、食事付だから作らなくて良いしで楽チン~。写真は夕食の名物「パエリア」に群がる人々。本来はベース弾きも参加予定だったが、転んで足を痛めたとかで欠席。で、改めて気がついたのだけど、この御仁、5月千葉FES'は風邪で、6月朝霧は親族の急病で、8月箱根は車が故障でと、今年の大きなフェスイベントはすべて欠席だ。夢弦堂さん曰く「お祓いしてもらったほうがいいんじゃないの…」、まったくだ。

2018年9月18日 (火)

New!災害用炊飯器

18PC騒動で10日ほどブログが遅延している。いっそトバそうかと思ったけれど「ああ、これは記録に残しておこう」というコトばかりなので、あきらめてコツコツ紡ぐことにする。9/9(日)は防災訓練の訓練だった。災害で使う炊飯器が新しくなったので、11月の防災訓練前にお試しをして、当日の赤っ恥を回避しようというのが狙いだ。旧型はガソリン発電機と、灯油バーナーが、四角い台車にひと括りになっていて、失敗ると横の穴から炎が噴き出したりして、なんとも危なっかしいシロモノだったが、今度のは分離型で、その名も「まかないくん」。カセットボンベを使う発電機(右)と、灯油タンク、それに横に取り付ける炊飯ファンヒーター(左)、手前の大釜という布陣。今日の試し炊きはスイッチ類や取付作業を覚えることと思っていたら、米を炊き始めてから指導員の驚愕の教えが待っていた。「難しいのは火を止めるタイミングです。微かにおコゲが匂ったら火を止めてください」。なんとヒトの嗅覚頼りだ、うひゃあ!今でも時々お釜でコメを炊くワタクシ、すかさず「あ、もう香ってますね」と好判断。かくして皆の衆は、わずかにオコゲのある旨~い、オニギリにありつけたのでした。ちゃんちゃん。

2018年9月13日 (木)

パソコンと台風とライブと

180904_rtp

「こりゃ手に負えない…」と見切りをつけて、PCを修理屋へ持ち込んだ9/4(火)は、台風21号襲来とともに、バンドライブの日でもあった。出来れば布団に引き籠りたい心境だったが、仕方なく仕事はスタッフに任せ、楽器を背負ってとぼとぼと銀座へ。それでも「どうせ今日は台風で客も来ないだろうから、気楽で良いや」などと思っていたら、「台風で行くところがない」という理由で、米国人ほか数人がご来店。ジョージア州から来たというご夫婦は、旦那がギターを弾いて歌うとのことで舞台に上げる。こちらの演奏負担が減ってなにより。笑顔でお迎えして伴奏してはいるが、頭の中はまっさらになってしまった手配記録を、どうやって復旧させるかで、ぐるぐるぐるぐる思い悩んでいて気もそぞろ。

2018年9月 8日 (土)

パソコン心停止

1809pc_broken_2最悪である。9/3夜遅くに、突如としてPCが壊れやがった。原因を調べようとこの画面の写真を撮った数分後、フッと「HDDが見つからないよん」と、白文字を掲げてブラックアウトしたのだった。秋の旅行仕事の見積もりや、行程表、会社の書類などすべてが、「ほわあ…」と消えてしまった。まあ外付HDDがあるからと調べてみると、1年前で動作停止していてがっかり。それでも基本書式が残っていたのと、出納帳はUSBにCopyしていたので難を逃れた。急ぎ新しいPCを購入しなくてはならず大いなる散財。で9/6まっさらなDELLが到着。今日やっとここまでたどり着いたところである。しかしこの寝込みたくなるほどの喪失感。甘く見ていたなあ。うすうす感じてはいたが、PCは5年くらいが消費期限と、認識を新たにしたこの5日間であった。それにしても紙カルテからのPC書類作り直しを考えると、本末転倒で気が遠くなる。

2018年8月27日 (月)

箱根ブルーグラスFes' 2018

Hakonebgfs18

呑んでばかりのお盆が過ぎ、呑んでばかりの箱根BGFSも終わった。「24~26は不在です」と言うと、「お仕事ですか?」と聞かれ、つい嬉しさで「いえ、道楽音楽の野外イベントで」と口走ると、たいてい「フジ・ロックみたいのですか」と言われる。「まあ、そんなもんです」と答えるのだけど、実際は全然違う。土曜日などは9:30から始まって24:50までの約16時間で、(この時間で終わった例はない)90バンドが演奏する。つまりは16h×60m÷90bだから、1バンド10分の演奏時間しかない。ちなみにワタクシの「オー!ジン・バンド」は、41番目16:40で2曲ご披露つかまつった。一般の皆さんは「それで面白いのか」と思うだろうが、お泊まりするコテージ前で、呑みながらの笑いバナシと、ジャムという楽しみがあるのですね。プロマンドリニスト「タローさん」、ほぼプロ?「秋元慎さん」、それにワタクシより音楽センスの良い皆さんに交じり、ヘタクソなりに一生懸命弾いている、夕陽の滝キャンプ場の夜更けであります。

より以前の記事一覧