近くば酔って目にも見よ

2018年8月12日 (日)

映画/カメラを止めるな

Photo

「ベトナムセミナー」を、新橋で14:00~16:00という、ナイスな場所と時間で催してくれたことに、とても感謝している。それは今、話題の映画「カメラを止めるな」を、やっと観られたからです。「ものすごく面白いけど、何も話せない」という、ウワサだけを聞いて悶々としていたので、TOHOシネマ日比谷16:50からの上映は、とてもバッチグーだった。セミナー中も「ああ、早く観たい」と集中力はまるでなし。で、実際に観て「確かにとにかく観てしか言えない」と納得。それにしても監督の上田さんという方は素晴らしい。大拍手ぱちぱちぱち!もうこの手は出尽くしたと思ってたけど、知恵と思いがあれば、まだ傑作が作れるのだね。その破壊力については、すでにあちこち載っているのでそちらにお任せ。でも観る前に余計な知識を入れないで、まだ旬の今、白紙の状態で映画館で観ることをお勧めしたい。

2018年8月 1日 (水)

荏原町界隈・銭湯めぐり

Photo

小・中学校時代を過ごした、中延・荏原町・旗の台界隈。今でも当時からのお店が数軒残っていて、とても昭和チックなエリアだが、品川区には銭湯がまだ25軒ほど稼働していて、数年前に同窓会幹事を手伝うようになってから、荏原町での夜の会合前に時間が取れる時は、銭湯巡りを楽しむことにしている。と言っても風呂あがりのビールが旨い距離となると、そう遠くへ行く訳にもいかず、今のところこの4軒をぐるぐる。左上から右回りに、旗の台「新生湯」、中延「星の湯」、旗の台「中延記念湯」、荏原町「八幡温泉」。どこにでも無料のシャンプーとソープはあるので、手ぬぐい一丁あれば460円でほっこり天国だ(中延記念湯は手ぬぐいも無料貸与)。先日もパンツ一丁で扇風機にあたりながら、品川区の小山台vs二松学舎の高校野球を観戦。慌ただしい毎日だけど、少しだけゆっくりと時間が過ぎている気がした。

2018年7月23日 (月)

18市ヶ尾サマーふえすてぃばる2

Ichigaofes

ぇすてぃばる二日目、7/22(日)はオージン・バンドで演奏。ステージに上がるのは、1/16の銀座ロッキートップ以来で半年ぶり。このお年頃ともなるとみんないろいろワケアリで、全員集合とならないことが多く、まあ仕方のないところだが、近頃はやっと落ち着いてきた感もあるので、「今後はもう少し活動したい」とは切なる思い。写真はジモトのSさんに撮っていただいた。たぶんワタクシが失敗じったところかと。ブルーグラスという音楽は、歌と楽器のソロが次々と入れ替わるので、集中力が「ふっ」と切れるとやらかす。前々回は孫が来ているのを見て動揺、歌詞を間違えた。今回は歌っているとき真ん前に、「トラベルカイト」の提灯があるのを見てしまい、「お、良いところにあるじゃーん」と、一瞬思ったらコーラスに入り損ねた。まったくもって油断も隙もない音楽であるが、まずは己の修行が足りんのだ。

18市ヶ尾サマーふぇすてぃばる1

Ichigaofes1

7/21(土)・22(日)、今年も地元商店街の夏フェスが終了。ワタクシが携るようになってから早や十ん年。当初は「はい終わり~」と言ってたが、今では「やっと終わった~」に。それでも少ない役員(ほぼ5~6人)で、さまざまなことでモメながら、昔からの盆踊りスタイルのまつりを、今のステージ型へ変えてきた今、「なんとかなるもんだ」というのが正直な感想。今さらながら個店オーナーさんは「一国一城の主」。自分の感性で生き抜いているから、着地点は同じでも、方法論はそれぞれ異なるのだ。会社組織で働いていたワタクシは、これに慣れるまで、あちこちに毒を吐いてたものだが、近頃はやっと「ははあ、この釘を打つと、あすこが出っぱっちまうのか」ということが、朧気ながらわかるようになった。この写真を見て、「年寄りが多い町から、若い家族、子どもが多い町に変りつつあるなあ」と、嬉しく思うようにもなった。

2018年7月11日 (水)

江口寿史イラストレーション展

Photo

友人YさんのFBで知った、「江口寿史イレストレーション展」。ちょうど新橋の歯医者に行くことになっていたので、有楽町まで足を延ばした。江口寿史サンという漫画家/イラストレーターが描く女の娘を見ると、恥ずかしながら、今でも胸にキュンと来る。年甲斐もなくヒトコトで言えば、「カワイイ」ということなのだけど、オンナの娘から女性になる、短いお年頃時代に見せる、口元、視線、首の傾げ、手、指、膝、足首、肩、カラダの捻り具合、さらにはブラウスのボタンのはずし具合…etc、ほんの一瞬に垣間見せる、「カワイイ」を描くことのできる、感性と才能を持った稀有なアーティストだと思うのです。鉛筆デッサン画の段階であちこちに見られた、そうしたキュン死ポイントが、色がのってイラスト画になると、凝縮されて落ちつくなあと感じたりで、たびたび、じーっと魅入ってしまった。来場者はそれっぽいオタクが多いのかと思っていたが、半分以上が女性だったのはちょっと意外。

2018年7月 8日 (日)

バブルオーバーで北農バンド

Dsc01614

先月のリリーピッキンで会った北農サン曰く、「来月5日にバブルで演るよ」と。折しも友人KAから、「娘とその友達がブルーグラスを聞きたいと言ってる」と聞いていたので、一家を誘って久しぶりにウチから徒歩5分の、アメリカンスタイルパブ?「バブル・オーバー」へ。以前のByrds Cafeのブログに記した、「サムシング・ファイン」というバンドをここに紹介したン十年前。たぶんワタクシ30歳だったが、メンバーから呼び出しがあると、ウチからここまでスケボーで来ていた。ああ、馬鹿だ、けど懐かしい思い出。さすがにうちで晩酌をする年頃になって、こういう機会でもないと来なくなった。「来年あたりオージンバンドで出てみようかしらん」と思ったりもする。が、問題は客が来るかである。「キタノバンド」とは知名度も、腕前でも格段の差があることは、自分がよーくわかっている。

2018年6月27日 (水)

リリー・ピッキン/尾崎ブラザーズ

Ozaki_bros

6/24(日)は昨年「朝霧BGFS」とかぶって行けなかった、「リリー・ピッキンパーティ」へ。ウチの最寄り駅からバスで30分、中山の緑公会堂が会場なので、とってもラクチーン。バンドは全部で11。知り合い、友人が演奏する中で「尾崎ブラザーズ」のお二人は見逃せない。マンドリンの弟さんが、数えで86歳、ギターのお兄さんが88歳と、しっかりした滑舌で弟さんがMC。演奏もブレがなく正確な音で、歌声も若々しくてただただ感心するばかり。今日この場にいた演奏者は、ほとんどが「自分もああなれるだろうか」と思ったはずである。パンフレットのコメントに「引退宣言をしてから14年も経ってしまって」とある。ワタクシにもまだまだ伸びしろはある!と自分の励みにしたい。お二人とも元気で、また来年ここで歌声を聴かせて欲しい。

2018年5月26日 (土)

コロッケ・MIMIC TOKYO

18mimictyo

ものまねシアターと言えば、新宿「キサラ」が老舗だが、麻布十番にコロッケプロデュースの「ミミック・トーキョー」という店が、2年ほど前にできていて、先日やっと初見訪問。どうやら居抜き店舗らしく、座席構成にやや無理を感じるが、ステージがタテヨコとも大きいのでそこを評価したい。日本では初めて見たポールダンスの袖ステージ、+メインステージの広さは、ピンのものまねには、ちょっともったいない感じ。それと些細なことだけど、ブッフェの食事開始からショータイム終了まで、事前に知っておいた方が、より落ち着いて楽しめそうなポイントがいくつかあった。初訪で「え、そうだったの」とならないよう、お申し込みは事前案内バッチリの当社へどうぞ。親切丁寧にご説明・予約をいたします。あまりテレビを見ないワタクシではあるけど、ずいぶんと笑かしてもらった、やっほうっ!

2018年5月22日 (火)

栃木は那須でギャザリング

18

バンドリーダーJサンは("オージン・バンド"だから伏せる必要はないけど)、ブルーグラスに興味を持った、遅咲きのシニアが集まる音楽サークルを、地元の小平で主催しているのだが、ある時、知らないオジサンが急に踊りだしたので話を聞くと、「この集まりにたいへん感激したので、ぜひ那須にある知り合いのライブハウスで、皆さんに演奏して欲しい」ということになったんだそうだ。で、先週末にリーダーとのデユエットの助太刀に(35年間一度も演ったことはない)、栃木は那須まで行き、20分練習のぶっつけ本番で4曲やらかしてきた。意外やバンド5人の時と違って緊張感はなく、イントロ弾いてコーラスを歌おうとすると、リーダーすっかり忘れていて、仕方なく「アタマ、コーラスからですよ~」が、マイクを通してみんなに聞こえるというだらだら演奏。まあ、んでもこれもアリなのがブルーグラスの良いとこか。翌日、協調性のないワタクシは皆さん(12人)と別れ、那須牛を喰らいに独り大田原市の某有名ステーキ店へ。メニューを見るなり急に器が小さくなり、ちょっと日和った注文。でも美味かった~満足!それでも待ってる間に、牛丼が何杯喰えたかと電卓で計算したりして…往生際の悪いこと。

*BGM Naomiサンの写真を使わせていただきました、Thanks!

2018年5月 6日 (日)

18.春千葉ブルーグラスFes'

18fes

長そうで短かったゴールデンウィークが終了。こどもが中学生の頃までは、カミさんの実家「会津若松」まで、渋滞覚悟のマイカーで帰っていたが、時代とともに「故郷は遠きにありて思ふもの」になった。とは言え、歌詞の意とは違って婆サマが存命なので、まだ帰る場所はあるのだけど…。閑話休題、前半の4/30は地元で「新潟の会」なるものに参加。ワタクシ、新潟に縁はないけど、卒業論文が十日町の"秋山郷"だったからということで、12種ほどの地酒と新潟山菜料理を堪能させていただいた。後半の5/4-5は、佐倉で毎年催される「千葉ブルーグラスFes'」へ行ったものの、脳梗塞リハビリ中のリーダーは大事をとって、ベースは風邪気味でフラフラするからと、フィドルはお腹のピーピーが治らないからと、みんな病欠!まあステージには上がれなかったけど、青空の下で呑んで歌って弾いて十分楽しかった。その他の日は、芋苗を植えたり大根種を蒔いたりの連休だったが、この時期にこんなに余裕があるようでは、来年のゴールデンウィークに会社がないかもしれない。

より以前の記事一覧