« あすびのトンネルに突入 | トップページ | ほとけの国の美術 »

2024年4月25日 (木)

歌橘・三語楼 二人会

240421  八王子の若旦那ことFさん仕切りの落語会。会場は地域活性の事業として、花街の雰囲気を残す一画に2022年11月にオープンした「桑都テラス」。近くにはいくつかある置屋さんのひとつもあって、絹の道として栄えた八王子の、歴史と民俗を残す取り組みにぱちぱちぱち!始まりは14:30からだったので、以前SさんのFBで知ったラーメン屋「ちとせ」でランチ。真っ黒(チョコレート色)なラーメンが450円で、+小チャーハン300円。安いっ!黒ラーは美味いけど独特の風味。ベースになってるのはアレかな~?と思いつつ楽しんで食べた。肝心の落語は前座が二ッ目・林家やま彦さんで「あくび指南」。今後伸びるかもの好印象。三語楼さんは「そば清」と「看板のピン」で、歌橘さんが「荒茶」と「崇徳院」。オチを現代風にした荒茶(荒大名の茶の湯)は、細川忠興や加藤清正、福島正則など、秀吉の七人衆(賤ケ岳の七人衆)が茶会に招かれてやらかす滑稽話で、皆さん大爆笑だった。も一回聞きたいな~www。

 

« あすびのトンネルに突入 | トップページ | ほとけの国の美術 »

近くば酔って目にも見よ」カテゴリの記事