« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月27日 (水)

長かった忙しトンネル抜けた

Photo_20240327161301  昨年末から続いた想定外の忙しさがやっと終息。この4ヶ月はついで息抜き以外の個人的お楽しみはずっと封印してたつもり。なぜこんな状況に陥ったのかを振り返って考えてみる。まず「今まで頼んでいた旅行会社がなくなった」という個人客とともに、コロナの扱いが5月になって2類から5類に移行したことで、今年3月までの年度予算使いきりを目論む、自治会などの新規添乗付依頼が11月になって増えたこと。さらに歯の治療の最もメンドーな時期とも重なって、連日のように新橋まで往復せざるを得なくなったこと。地元自治会と中学校の同期会が、ともに4月、5月のイベントを企画して、その準備を手伝っていること。その他、チュー民退治(まだ居るみたい)や、4月すぐに出発するカナダ・オーロラ旅行の最終手配と案内の作成。GWに松江に行くお客さんの行程作成と手配など、ぜーんぶが重なった。先日、車で通りかかった川和町駅の菜の花と桜。のんびりスケッチをする人々を眺めるのも、ついでちょっとの息抜きと。

 

2024年3月14日 (木)

静岡/厄なし・蓬莱橋

240310730  大型バス2台口のS町内会さん日帰りバス旅行3日前の朝。石垣いちご狩りY農園主から電話。「はい明後日よろしくー」に返って来たのは、「あのう…この日が静岡マラソンで、前の道がコースなのでバスが規制で入れないんです」=「うっそお~!! なぜ今頃気がついたぁぁぁ~!!!」。マラソンに興味がなくて今になって気がついたって…アンタねえ。農家を責めても仕方ないので、今日やるはずだった仕事をひとまずうっちゃって、対応で脳と電話のフル回転。午後になってスケジュールを崩さない時間と場所で、代替施設が確保できた瞬間、しゅるしゅると血圧が下がっていくのがわかる…そんな感じ。町内会の皆さんに平謝りの当日。朝から気持ち良い青空が広がって、初添乗のスタッフY女史とともに2台口のご一緒仕事が無事完了。行程後半で訪れたギネス世界記録の最長木造橋「蓬莱橋」。長さ897.4mで「やくなし」の語呂合わせ。この後の立寄先は「かどで・大井川」。雨降って地固まるような気がしないでもない。

 

2024年3月10日 (日)

神奈/保土ヶ谷消防本部

New_20240309170001  昨年7月に旧保土ヶ谷消防署跡地に完成した、新「横浜市消防本部庁舎」。S自治会さんのご一緒仕事で初見学。「せっかく新しく建てるのに、なぜ道路は狭いし敷地も狭い保土ヶ谷ではなく、関内の横浜市新庁舎近くにしなかったのか」という、もっともな質問に「東日本大震災のような津波の心配や埋め立て地盤の懸念。さらに保土ヶ谷が横浜市のほぼ中心にあって、発災地までの移動が有利だから」との明快な回答に、皆さん「なーるほど」。年度末には一時移転中の特別高度救助部隊(SR)の車両も戻ってくるそうだ。1階と2階の間に免震ダンパーとゴムが入った耐震構造7階建て。屋上のヘリポートは風が強くて極寒だった!ひと通り説明のあと「何かご質問は」に「早く中へ戻りたい」。中華街でランチの後は、「三渓園」をボランティアガイド付きで見学。が、かなりの爺サマで説明途中に「あ、なんだっけ忘れた、えーと」と説明板を読んで「あ、そうそう」というユルさが楽しかった。風は冷たいけどお天気まあまあの一日。

 

2024年3月 7日 (木)

マカオ・ツーリズムセミナー

240306  かつてマカオと言えばカジノだった。ドリフト低空着陸で有名だった、香港・啓徳(カイタック)空港に入り、かばん、時計などの土産物屋めぐり。この時点で米ドルから香港ドルに両替。翌2日目にどんどん跳ねる、乗り心地サイアクの水中翼船でマカオへ。ここで香港ドルからパタカへ両替。添乗員は客から「これ日本円だといくら?」という質問に、まだ電池式だった計算機を手に、瞬時に複雑な計算をしなくてはならなかった。全日空がチャーター設定で海外へ飛び始めた頃、添乗仕事へ何度か行った香港・マカオ。ブログの左サイドにあるアルバム、2009年のマカオマラソンが直近ラストなので、もう15年行ってないのか。今ではマカオへの直行LCC便も運航している。今日のセミナーでは香港とマカオが橋で結ばれ、陸路で行けるようにもなっていて、さらに隣接する「横琴」という地域へも橋が架かり、観光開放(要ビザ)されたとのこと。そろそろ再訪してみたいとは思うけど、他にもっと行きたいところあるし…悩ましい。

 

2024年3月 5日 (火)

奇想民俗博物館「まつりと」

Photo_20240305210501 あいかわらず書類仕事忙殺の毎日。ちょっとの息抜きが新橋までの歯医者通いとは情けなや。先日の健康診断で「まだ投薬の必要はないです」と言われて喜んだものの、遺伝なのか上顎の歯はサイアクの状況。歯ナシの話と洒落てる場合じゃない。診療が終わって16:20、まだ間に合うぞと、あきらめかけていたキャノンギャラリー品川「奇想民俗博物館-まつりと-」へ。17:30の閉館まで40分の見学時間しかなかったけど、写真OKだったので、とりあえずアトでゆっくり見ようと写真撮りまくり。今まで「大鹿村歌舞伎」や「大磯・左義長」のツアーを実施した。ここに撮られた、古来より崇められたその地域や土地に根付いた、人々の民俗、風習、信仰など、今では薄くなりつつある暮らしの根本、人々の繋がりが見える心に響く写真展だった。もう一つの銀座の会場にも行ってみたかったけど、こっちも同じ3月2日終了で残念。「民俗・まつり」のツアー企画も再開したいし、茨城・笠間の「悪態(ばかやろう)まつり」も再訪したい。

*是非 観て欲しい 映像の数々!  まつりと -youtube-

 

2024年3月 1日 (金)

チュー民追い出し作戦

Photo_20240303222501  昨年の夏ごろから事務所天井裏で、ゴソゴソ、カリカリと音がしていた。2017年に棲みついたムックン以来の不法チュー民のようだ。真下にガスヒーターがあるし、断熱材にくるまって暖かいだろうなあ…と年を越すうちに、だんだんチュー民が増えて来たようで、下から竹刀でドン!と突くとあちこちで逃げ惑う音がする。スピーカーを天井に密着させて、猫の喧嘩の唸り声を聞かせるなど、嫌がらせを続けたが目立った効果がないので、知り合いの地元工務店に点検窓を設置してもらうことにする。鋸でゴリゴリ切り開けると、落ちて来たのは大量の糞。まじか…。古い断熱材を入れ替えて貰い、事務所外周壁の出入口と思しき穴を塞ぐ。翌日にはホームセンターで、「ねずみ専用 立入禁止」という忌避スプレーを買ってきて、一本使いきり噴霧もしてみた。さてこれでどうなるか…と今日で6日目。さっき上からコトリと音がした。嫌な予感がするけど、もうちょっと様子を見てみよう。

 

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »