« まずは落ち着いてひとつずつ | トップページ | 東京/玉がき落語会 »

2023年7月 5日 (水)

群馬/金山城と比企城館群

23062930  騒動の発生は28水の夕刻。29木/30金で山城探訪だったのでタイミング悪し。そのうえスタッフも29休みで30金は相手の担当者が休み。土日は発券ができない。さてどうする状態だったが、文明の利器スマホで30金に一件落着した。そんな状況で訪れた群馬太田の「金山城」。1469年新田一族の岩松家純が築城。上杉謙信や武田勝頼の10数回の攻撃にも落城しなかったが、謀略で小田原北条の支配となり、その後、豊臣秀吉により廃城となった。この時代にまだ石垣はなかったとする定説が覆った城と聞く。岩盤と石垣の融合が見事な、キチンと整備された尾根上に連なる連郭式山城だった。午後は埼玉比企城館群の松山城跡。翌日は小倉城跡と慈光寺大板碑と下里・青山板碑制作遺跡を探訪。雨続きのなかでの晴曇り。ぬかるむ山道に足が滑ること3回。尻もち搗かずで良かった。全身ぶっかけ虫よけスプレーも、ぐっしょり汗で効果も薄く耳の周りが鬱陶しい。ここで脱水症で倒れたら発見されないと思うじわじわ恐怖。金山城以外は「マニア向き」で「お城好き」レベルには薦めづらい。

 

« まずは落ち着いてひとつずつ | トップページ | 東京/玉がき落語会 »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まずは落ち着いてひとつずつ | トップページ | 東京/玉がき落語会 »