« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月19日 (月)

神奈/開成町あじさいまつり

23_20230618174001  やっと6月末で終了する(はずの)旅行支援制度。利用3回目となる地元おでかけグループで「開成町あじさいまつり&大雄山最乗寺」へ。個人単位では横浜ハイアットのランチプラン5回が最多で、団体バスではこの皆さんが最多利用。台風由来の雨続きも今朝でひと段落。頭上に黒雲はあるものの雨降りまでは…と言うより昼から暑く、最乗寺杉林参道のヒンヤリ空気が気持ち良いほど。「紫陽花」ごときでわざわざと思うけど、環境と景色が変わり、囲まれて歩くとシアワセな気分になる。今回ちょっと頑張って瀬戸酒造店まで行ってみる。あじさいまつりには何度も来ているがここは初訪問。1865年に創業したものの、1980年に自家醸造を中断していて、2018年に醸造を再開したからだ。あの十四代や開運で有名になった「愛山」を使った酒を醸している。下調べで見つけて吞んでみたくなった。酒米が「愛山」掛米も「愛山」で、酵母は新政を祖とする協会6号を使った特別純米を購入。さっそくの口福は予想どおり好みの御酒だった。

 

2023年6月10日 (土)

神奈/鎌倉国宝館の仏画

Photo_20230610114201  出かけたい場所がいくつもあるのに、都合の良い日に限って雨ばかり。6日が晴曇りで夕刻から雨の予報だったので、思い切って鎌倉国宝館の「仏画入門」へ。先週の朝霧帰りに立ち寄った「富士山世界遺産センター」にあったチラシで興味を持ったから。鎌倉在の仏像(常設)に加えて、鎌倉時代と南北朝時代の涅槃図や来迎図の特別展だったけど、なかでも江戸時代「観経十六観変相図」に心魅かれた。今までも何点か見てはいるけど、これは横尾忠則を思わせる色彩とデザインで「へえ~」。所蔵:光明寺とあったのに、帰って調べると同じものが所蔵:南都阿弥陀寺となっていて詳細は不明。複製があるのだろうか。禁撮だったのでネットで画像を探して、じっくり見ようと思っていたのに、仏画本の表紙でしかヒットしない。残念。ポツポツ雨の中、大町の「日進堂」まで歩いてカレーパンとミミラスク。御成町の「利々庵」でカレーパンとクリームパンを購入。雨の止んだ駅前公園ベンチで鳩に睨まれながらお昼。

 

2023年6月 4日 (日)

東京/おが丸小笠原勉強会

230602  小笠原諸島/父島・母島に行ってから16年経つ。当時は2代目おがさわら丸(6,700t)で、父島まで25.5時間かかっていた。2016年に3代目(11,035t)が就航して24時間に短縮されたけど、飛行機なら地球の裏側まで行ける時間を使って、東京都の島へ行く船旅のぜいたくさは今も変わらない。6/2台風の雨風が酷く少し心配をしたけど、おおむね定刻15:00におが丸が竹芝桟橋へ接岸。お客さん総下船の後に内へ入れてもらい、2等のカーペット雑魚寝部屋から特等室、シャワー室や展望ラウンジまでひととおりを船内見学。当然ながら居室環境はずいぶん良くなっていた。停泊のまま座学かと思いきや、嬉しいことに竹芝埠頭から芝浦埠頭まで回航となり、つかの間の航海気分を味わえた。今を聞いて変わってないなあと思ったのは現地の宿泊事情。ホテルと付いててもホテルと言えるのは2軒で、あとはコンドミニアムやペンションレベル。男女別のない風呂しかない民家のような民宿。まあハワイやグアムじゃないからしゃあない。

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »