« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月31日 (水)

静岡/23.朝霧Pickin Party

230527  コロナ感染がやっと落ち着いて、今年の朝霧はかつて参加のメンバーが数名復活。いつもの夢弦堂N貝さん独りバンド「脳スタル爺や」の演奏。友情介護班はオージンバンド2名とデッドマンY口さん、トンプソンT島さんと、賑わい参加のK井さんという布陣。歌詞を渡されて「どういう曲なんですか?」の5月4日以来の30分屋外初練習。ああだこうだでそのままステージへ。1曲目の「Southern Moon」は何とか乗り越える。2曲目「All In My Love For You」はマンドリンの間奏を弾き始めたのに、N貝さんバンジョー弾き続け。Y口さんのクチパク「このままこのまま」に途中でフェードアウト。ラスト「Log Cabin In The Lane」では、C→F転調を忘れた?でみんなで顔を見合わせていると、Y口さんが真横でFコードを大音量ジャカジャカ弾き。強制転調という荒ワザで事態収拾。会場の大爆笑、拍手でステージを終える。!夜のゲスト「ゴローショー」にも数年ぶりで大笑い。主催者・スタッフの皆さん、今年もすんごく楽しかった。Thanks!

*夢弦堂さんの投稿写真を使わせていただきました

2023年5月24日 (水)

ドバイ観光セミナー

230522-dubai  このところ海外旅行の問い合わせが増えて来たものの、空白3年間で海外現地の新情報はもちろん、お客さんの受け手となるランドオペレーターも、あっちとくっつき、こっちに買われ、消滅もあったりで、学び直しが必要になってしまった。なので各国の観光セミナーにはなるべく参加して、名刺交換などをするようにしている。場所は汐留のコンラッド東京。第一京浜を挟んだ反対側の新橋四丁目で7年間仕事をしたけど、当時は東新橋がこんなになるとは考えもしなかった。記憶があるのは15年ほど前?、かつての電通本社ビル下のカレッタ汐留で行われていたイルミネーションを、バスツアーに仕立てて来たことくらい。あんのじょうホテル入口がわからずウロウロ。帝国ホテルとかニューオータニみたいなら迷わないのに。今風のホテルはなぜ中へ入ってもあんなにわかりづらいのか。爺サマ浦島太郎は早めの到着を心がけねば…。セミナーとりあえずの感想は「エミレーツ航空に乗ってみたい」である。

 

2023年5月21日 (日)

東京/鈴本演芸場 -昼-

23_20230520131601  カラスカーで夜が明けて昼席の鈴本演芸場。古典は馬太郎さん「牛ほめ」玉の輔さん「皿屋敷」馬玉さん「夏泥」園太郎さん「権助芝居」菊丸さん「野ざらし」馬生さん「干物箱」で、トリの馬治さんは「らくだ」。漫才のロケット団、すず風にゃん子・金魚も安定の面白さで、あっという間の4時間。ハネて4人でのんびり田原町駅から「どぜう・飯田屋」に向かう。途中でセキネのシューマイを購入。鍋は丸まんま・ヌキを食べくらべ。うざく、さらし鯨などを日本酒と一緒に腹に収めて堪能満足。21:00の夜行バスで大阪へ帰る友人を新宿バスタまで送って「なんだ、まだ9時か」でゴールデン街深夜+1へ。久しぶりのG街見たとこ8割が外国人。自分の方が異国の飲み屋街探訪に来たみたい。コロナ禍もあって古くからの店が閉店。取って代わった若者がインバウンド客目当に形態変更、月400万円売上の店もあるという。古を知る常連客からすると残念かもしれないけど、ま それも仕方ない。これからを楽しめる街になるといいな。

 

2023年5月19日 (金)

東京/Trans Pacific Session

230517bitguest  ライブハウスBITのスケジュールを見て申し込んだのが4月2日。いつのまにか満席になっていた「有田純弘&小寺拓実+SPゲスト」のライブ。行ってみたら店内は知り合いばかりだった。ま、そりゃそうだろう。同じテーブルは夢弦堂N貝サン、T島サン夫妻、大阪からン年ぶりにお会いするT村サンの4人。ブルーグラスの友人領域がよくわかる布陣。「お久しぶり」のひと言もそこそこに、「あ、どーも、どーも」で皆の衆と挨拶を済ます。ゲストのマンドリンJ.Wと、バンジョーのBB嬢を交えてのセッションタイムは、3月に来日した若者バンドClying Uncleとは違って、恐らくはのざっくり台本での緊張感あるアドリブが素晴らしく、聞き惚れてあっという間の2ステージだった。仲入りでN貝さんに「ところで馬治さんトリの鈴本は行くんですか?」と聞くと「明日このメンバーで行くんだよ、その後は飯田屋でどぜう鍋だ♪」と聞き、急きょ参加希望の挙手をする。明日の仕事と地元の会議ぶっちぎり即決! -つづく-

 

2023年5月11日 (木)

さつま芋苗の植付完了

235  買収で雰囲気がほぼニトリ化の島忠。例年どおりGWに「紅あずま」の苗を買いに行ったら「安納芋」しか売ってない。次の苗入荷は4日後とのこと。また来るのはめんどい。ちゃんと育てば美味しそうだけど、育てやすいのかにくいのか。なんちゃって農業なのでほっといても育つ芋が希望。仕方なくスマホで調べてみたら難しくないようなので購入。いつもながら10本束でも多いのに間違えたらしく11本あった。一緒に「にがうり」と「オクラ」も購入。えっさかほいと植付作業の途中で土が足りなくなる。テキトーのツケがこういうところに出る。結局また島忠へ。プランターさつま芋を始めた2016年頃は、まだ品揃えも販売数も少なかったけど、近頃は「紅はるか」なども見かけるようになった。同じ頃に購入したゲンコツ型の「短形山芋」は、種芋残しの栽培を繰り返したら、先祖返りなのか今ではふつうのバットみたいな形になった。今年は5本植えてうち4本が元気にネット蔓巻中。今年も秋が楽しみ。

 

2023年5月 5日 (金)

がんばってくれた靴

230503  中学同窓友人の通夜が2日にあった。グループLINEに「調子が悪いのでクリニックに行ったら、明日緊急手術って言われた」と書き込まれたのが2月15日。そして4月26日にご子息から永眠のお知らせが届いたのだった。こんな人生の終り方があるんだなあと…自分に置き換えていろいろ考えてしまう。さて久しぶりに礼服を出してカビチェック。香典、数珠などOK。正月の挨拶回り以来で履く黒靴を乾拭き。よしっ!と準備万端で出かけたはずが、電車に乗ったとたん左靴内側のハガレに気がつく。げっ!と思ったけどどうしようもないので、斎場最寄駅のコンビニで瞬間接着剤の補修を試みるも皮なので効果なし。焼香から仲間内の弔い会は何とか現状維持。帰途の乗り換え渋谷駅で、今度は右靴のぱっこんぱっこんに気がつく。カカトが剥がれた感じ。市が尾駅までなんとか帰還。ぱっこんぱっこん。ウチまで100mのところで急に右足が軽くなったと思ったら靴底が置いてけぼり。よくがんばってくれた、お疲れさん。

 

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »