« 卯年の浦和の調神社 | トップページ | 神奈/梶原景時ゆかりの地 »

2023年1月19日 (木)

十四代 龍泉

730_20230119214801  早や1月も中盤というのに今さらの、新年ご挨拶、New全国旅行支援、たこつぼ企画案内、自治会・町内会へのDMリーフレットなどを作成。ために14.15.16.17.朝から晩までPC前にお籠り。外に出たのは16.朝の生ゴミ出しくらい。18.スタッフにとりあえず半分の140通を発送して貰ってやれやれ。夜はかねてのお誘いで久しぶりの外酒呑みで新宿へ。先ずは美味しいお料理とともに「十四代 本丸」から「十四代 槽垂れ 原酒生酒」へ。そして今回の主役「十四代 龍泉」を注いでもらう。グラス6,000円!まんまはサイフが厳しいので、店主さんにお願いしてハーフにして貰う。定価は720mlで17,000円なので値段は相応。入手困難で幻の酒らしい。ネット取引価格は40~50万円。お付き合いもあるし冥途の土産と思って呑んだけれど、言葉にするなら玉露ならぬ酒露という感じで、口中からどこにも引っ掛からず下りてゆく。それの是非はともかく「3,000円の鑑賞料を払って杜氏の渾身の芸術酒品を味わう」という表現に落ち着いた。

 

« 卯年の浦和の調神社 | トップページ | 神奈/梶原景時ゆかりの地 »

近くば酔って目でも呑め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卯年の浦和の調神社 | トップページ | 神奈/梶原景時ゆかりの地 »