« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月29日 (火)

千葉/本佐倉城跡・佐倉城址

730_20221127214001  久しぶりに成立した「ゆびとまサークル」。鎌倉殿にも登場した千葉常胤の傍流子孫、千葉輔胤が築城した中世・本佐倉城跡に加え、江戸時代に土井勝利が築城した近世・佐倉城址と、今に残る武家屋敷群を日帰りで訪ねた。実施日は行きたい希望者共通OKの11月26日(土)に決まる。しかし近づくにつれ、当初の晴れ予想が週明けに雨予想に変わる。山城は泥山なので嫌だなあと思っていたけど、なんとか曇り空のまま到着して城俯瞰図の前でガイドさんの説明。が、この後にいちばんぬかるむ竹林の大空堀でドシャぶりを喰らう。雨音に消される説明もそこそこに案内所に戻るとあら不思議、雲の間から薄日が。ちょっと残念~などと言いつつも、ちょうど良い頃合いで説明が切りあがったのは好都合と独りほくそ笑む。午後は佐倉城跡をガイドウォーク。見事な角馬出から本丸天守、背後の深い空堀、土塁と帯曲輪などをひと周りしてから食い違い虎口、大手門、武家屋敷などを見学。佐倉は学びが多い。3~4回来た程度ではまだまだ。

 

2022年11月27日 (日)

神奈/たまご街道スイーツ

Photo_20221127170501  地元自治会の有志グループ「ああ そう会」の、全国旅行支援を使った日帰りバス企画「たまご街道スイーツめぐり」。養鶏業直営のシュークリーム&プリン、クレームブリュレなどがとても美味しい3つの店を、これでもかと次々巡るバス企画。限定80個のシュークリームの整理券も全員Get!みんなで黄色いソフトクリームを立ち喰らい、あんパン、揚げパンをオギノパン工場直営店で買う。ランチはオムレツ専門店で絶品「山芋ふわとろオムレツ」を頬張るという、高齢女性はもちろん高齢男性にも絶賛のご一緒が無事終了。前日・翌日の雨降りに挟まれた晴天は、食欲の秋にふさわしい一日になった。宮ケ瀬ダム周辺や相模原公園の紅葉も、ちょうど良い色づきでつくづく良い日を選んだなあと思う。買い漁ったスイーツ土産でいちばん好きなのは、クレームブリュレ「ニワトリさんからの贈り物」で、次がスイートエッグスの「限定シュークリーム」。三ばんめが「産みたて卵のぷりんプリン」。美味しいものいっぱい。

 

2022年11月23日 (水)

市ヶ尾商店街の花植え

221116  市ヶ尾商栄会主体で11月16日(水)商店街樹下の花植え。コロナ自粛をまたいで3年ぶり。かつては6月と11月の毎年2回の草取り整地と花植えの作業に、80店舗ほどある会員に協力を求めていたものの、毎回笛吹けど踊らずで、約45区画を役員・協力者合わせて5~6人でやらざるを得ず、正直なところ腰の痛みと徒労感でサボリたかったのが本音。が今年は状況が好転。役員若い衆が外部にも協力を求め、日体大SMGフィールズとイトゥアーノFC横浜の選手、こども会親子の皆さんに加えて、中市ヶ尾自治会の花ボランティアの皆さんも出てきてくれて、総勢25名ほどになった。以前はシニアボランティアに頼んでいた草取り整地の作業料6万5千円ほどを原資にして、草取りと花植えそれぞれの協力者に、商店街食事券(1,500円)を配布したのも良いアイディアで、ワシら年寄りにない縦横の繋がりと発想を出してくれた。今後良いカタチで現体制からの移譲が出来ることに期待したい。

 

2022年11月18日 (金)

養沢ブルーグラスジャム

22bgjm2  昨年に続いて今年も参加「養沢ブルーグラスジャム」。あきる野の奥まった場所「養沢」の施設は少しばかり古いけど、ほどほどの距離感と、美味しい素材が道すがらに多いのがありがたい。今回まずは五日市の「レ・ポルト・ドゥ・フィナンシェ」という長い名前のパン屋へ。カーナビの狭い道を曲がり損ねてぐるぐるして到着。あれ?名前が違う。聞くと前の店が廃業して居抜きで開業したと言う「ナッティ・ウィロー」。どれも好みにドはまりの味で高評価。来年また買おう。続いて有名な「松村精肉店」で秋川牛のコロッケとメンチ。これは美味しい止まりだった。さらに燗上がりする「喜正」の本醸造を野崎酒造で2升購入して、やっとの養沢着は12:30だった。その場で即席メンバーを組んで、お互いできる曲を探り打ち合わせてステージに立つのは毎度ドキドキする。トチったら笑ってすますという、逃げ道のあるジャム形式内輪イベントなので開き直って楽しんだ。翌朝ほとんどが帰った9:30になってもまだ、きーきーずんちゃんする皆さんに脱帽。

 

2022年11月13日 (日)

SDG’sアップサイクル研修

Ecfc  年初の七福神巡り以来。11月10日は貸切バスでのご一緒仕事で環境保護についてを学ぶ。資源再生を事業にする企業へご案内。リサイクル(廃棄物から使えるものを取り出す)、リメイク(古くなった製品を同じようなものに作り変える)、リユース(使われた製品をそのまま継続使用する)は、その違いはともかく世の中にはずいぶん認知された。他にもリデュース(そもそも廃棄物を出さない)がある。で最近の注目はアップサイクル。捨てるものを再利用するのはリサイクルと同じだが、捨てられるものに新たな価値を与えて再生することを言い、「創造的再利用」とも呼ばれる。割と知られているものではペットボトルから作る制服などがある。この会社ではこれらを総合的に扱うとともに、新たにそれらの製品を作成・販売する工房も新設した。左下のピンバッジ。この二色のプラスチックどこかで見たことがあるはず。元〇〇ーカード? で片やダウンサイクルは古い手ぬぐいを雑巾にしたりすること。これはみんな昔からやっている。

 

2022年11月 6日 (日)

なんだかなーの夕刻から

221104  そろそろ歯のメンテナンスをと、新橋の主治医に予約を入れた2日後に差し歯が割れる。良かったのか悪かったのか。せっかくなので帰りすがら小学校同級のやきとん屋、中延の「忠弥」へと着いたら休み。店前でうーむと唸っていたらタイミング良く店主が出て来た。娘の結婚式で沖縄に行っててさっき帰ってきたと。ウチで手配したワケじゃないのに、天気が悪くて散々だった愚痴を長々と聞かされる。時間余ったので入院手術をしたと聞いた同級生のハンコ屋に立ち寄ってみると閉店間際で運よく会えた。今年は腎臓、大腸と手術が続いたので、念のためと検査をしたら肝臓に癌が見つかり現在抗がん剤治療中とのこと。そのまま旗の台まで歩いて日高屋でニラレバ炒め、餃子、生ビール2杯1,430円。で新宿ゴールデン街のパトロールへ。花園神社の一の酉を忘れてた。凄い賑わい。「深夜+1」で3年ぶりに幼子3人を連れた通称かんぴょうに会う。持っていたウチの柿3個を渡す。ぐだぐだ飲んで23:00店を出たところで写真を撮る。

 

2022年11月 3日 (木)

西海 孝 還暦お誕生日会

Bit ハロウィンの10/31。かつてのバンドメンバーで中学の後輩、今ではプロとなった西海サンの還暦パーティへ。自分からこういうことをやる性格ではないのに?と腑に落ちなかったが、やっぱりの黒幕がいた。Tクリニック院長に「還暦パーティやろうよ」と言われた西海サン。「いやあ、そういうのってガラじゃないし、あんまりやりたく…」と言ったとたん、後ろに掲げてある名言が飛び出したそうだ。「やりたいとか、やりたくないとか、そういうこっちゃないんだよ、やるんだよ!」。おかげで大盛り上がりのライブパーティ開催となったのでした。伝説の?渋谷にあったライブハウス「アスペングロウ」からの、40年来の知り合いも集まって楽しくないわけがない。ケイコ・ウォーカーさん、坂本愛江さん、松田幸一さん、藤田恵美さん、須貝重太バンドの皆さん、古橋さん、河合さん、宇戸さんらに加えて森山直太朗さんも登場。思いがけずナマ歌が聴けて嬉しかったけど、キンチョーして目の前にいるのに社交的挨拶のみ。

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »