« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月27日 (金)

ディープ・ブルー・ボーイズ

220522-rtp  劇団NLTの役者カイホーさんのバンドDEEP BLUE BOYSの演奏に出かける。Hot RizeのアルバムWHEN I'M FREEからの「Western Skies」でキックオフ。めちゃんこかっちょイイ。こっちは同じCDの別曲が演りたくて日々練習しているのに、イントロを弾くところからつまずいて先へ進めないでいる。まあアマチュアとはいえそれぞれ一目二目置かれるような腕前のメンバーだから、五目くらいの自分は「楽器演奏の才能が少し足りないだけ。さあ、れんしう、れんしう」と、折れそうになる気持ちを前向きにする。選曲も好みのものばかりで3ステージ少しも飽きることなく聴けた。ああ悔しい。こうなると少し妬みも入るが、そうは思ってもこちらはメンバー二人が空の上に逝き、一人が透析療養中。一人が多くの社員を抱えてのコロナ禍で日々汗する社長では、バンド活動いかんともしがたく、とにかく状況好転を待つばかりなり。

 

2022年5月20日 (金)

シネマ3本イッキ観で腰痛し

Cinema  音楽繋がりの友人たちがfacebookで観た?観たよと話題にしていた音楽の映画3作品。すべて新宿シネマカリテなのでイッキ観する。10:00/リンダ・ロンシュタット 12:00から四谷三丁目の「ひつじや」でランチ後、消防博物館をついで見学。14:05/ローレル・キャニオン。17:00/スージーQの後は、新宿ゴールデン街の酒場2軒ハシゴというスケジュールは、ドアツードアで16時間の超大作となった。パワフルな48クラッシュの歌声にハマり、ぴちぴちレザースーツのスージー・クアトロのジャケットに魅せられた「サディスティックロックの女王・SUZI QUATRO」のLPは今も手元にある。パパス&ママス、リンダロンシュタット、エミルーハリス、バーズ、ジャクソンブラウンはこんなふうに繋がっていたのかと、ローレルキャニオンを観て知った。その当時の自分、今はもうないライブハウス、空の上に逝ったウェストコーストロック好きの友人たちを思い出して涙じわじわ。パーキンソン病になったリンダの映像も痛々しかったけど、座りっぱなしの腰も痛くて、右によじり左によじりの忍耐鑑賞がいちばん辛かった。みんな老齢には抗えない。

 

2022年5月14日 (土)

神奈/たこつぼ畠山重忠

Photo_20220514211501  鎌倉殿の13人乗っかり企画第3弾、畠山重忠・二俣川合戦ウォークを明日に控えた夜、鶴ヶ峰駅10時の集合までに雨が止むか不安のなかで、PCで説明まとめの作成中にふっと…まさかの広域停電。文章全部消えたああああ!もういいやとふて寝る。7時に起床するも外はざんざ降り、まあ何とかなるだろと髭をそる。7時40分雨雲レーダーを見てこりゃダメだと、皆さんに2時間ずらしの了解電話をかけまくる。無事に全員の了解をいただいた結果は大正解。12時から傘いらずでスタートするも蒸し暑い。畠山重忠はじめ一族郎党を埋めたとされる6つの塚がある薬王寺を参拝後、プライバシー保護の点で公式ガイドなどに載せられないところをご案内。とても興味深いことなのだけど、残念ながらそう言う理由でここにも書けない。このあと眺めの良い鎌倉みちを歩いて、頼朝のひいひい爺さま?源義家ともどもの逸話が残る、白根不動尊を参拝して15時無事に終了解散。歩程は約8kmだった。

 

2022年5月 8日 (日)

千葉/佐倉の城跡巡り

22fes  千葉ブルーグラスFes'が5/4~5で3年ぶりに開催。会場は変わらず歴史ある町/佐倉なので、今年は前泊をしてついでの合わせワザで城跡巡りを思い立つ。国立歴史民俗博物館がある佐倉城跡と武家屋敷は数回訪れたことがあるけれど、先々のウォークツアー下見を兼ねて実歩測。武家屋敷通りでいちばんの映えスポット「サムライ古径・ひよどり坂」は人がいなくなるのを待って撮った。さらに今回のお目当てはここから車で20分、1470年前後に造られたとされる中世戦国時代の平山城「本佐倉城跡」で、城主は千葉氏。鎌倉殿の13人に登場する千葉常胤の庶流子孫。専任ガイドの方にマンツーマンで2時間みっちり案内してもらう。空堀、土塁、虎口などがしっかり残っていて素晴らしい遺構だった。いつか佐倉城跡・武家屋敷と合わせてツアーを企画したい。肝心のフェスは病気療養・諸事欠場の仲間が多くてジャムバンドも成立しなかったけど、呑んで笑ってちょっと弾いた晴天ひさびさの野外Fes'。鬱々気分が少し晴れて嬉し。

 

2022年5月 2日 (月)

かながわ旅割の愚痴

Photo_20220502202001  観光支援策第二弾「かながわ旅割」のダンドリが、前回の県民割にも増して御粗末だという愚痴を記す。まず3/29(火)朝刊で4/1開始と知り腰を抜かす。事務局のHPには「お待ちください」のみ。あわてて4/23(土)鎌倉ウォークツアーを計画するも、事務局はお客さんの予約も食事手配も4/6以降じゃないとダメとかワケのわからんことを言う。突貫でチラシを作って4/4(月)DM250通を発送。4/14(土)になってクーポンの使えない店が多数あることが発覚。事務局からゴメンなさいメールが届く。こりゃいかんとリストにあった鎌倉駅周辺の10軒ほどにお尋ね直電。なんと紙クーポンが使えるのは3店だけと判明。ひどいもんだ。あわててこの3店マップを作って当日渡す作戦に変更。4/22(金)スタッフともどもぐったりしているところへ「旅割を5/9~/31まで延長します」とメールが届くも、まもなくGW突入で今さら打つ手なし。疲れちゃったので5月は成り行きにまかせよう。

 

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »