« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月23日 (水)

旅行管理者定期研修

Jata  テキストの正式名称は「旅行業務取扱管理者定期研修」。あまり知られていないけど旅行業は5年ごとに登録更新をしなくてはならず、そのためには大事な条件が二つある。一つは赤字状態ではダメということ。一般的に資本金はすぐに引き出すなり使いきってしまっても、業務に必要な回転資金さえあれば経営に支障はないけど、旅行業ではこのタイミングで資産額を元に戻さなければならない。もちろん黒字ならまったく問題ないが、足りなければ株主補填で債権放棄(ひとり株主だ)するか、増資(法人税も増)するかで、もちろんどっちもやりたくない。もう一つが5年の間に改訂・新設された、旅行業法のブラッシュアップ研修&試験。来年が第20期4回目の登録更新なので、メンドクサ~と思いながら20日にWeb受講を終えた。最後に終了テストがあるので、映像だけ流しておいて読書というわけにもいかない。ヒマはあるけど学習研修を行う感覚は別ものだ。さてさてCOVID-19この2年、お仕事激減でも規則・規制は容赦なし…か?

 

2022年2月17日 (木)

横浜中華街ごめんねランチ

1_20220216142801  まん延防止措置が延長になって2月の研修団体がまた消滅。午前の公共施設と合わせ手配した昼食後の見学は一般の民間企業。ほぼすべて「今は中止」の中をあちこち問い合わせて、まん延防止の解除を条件にやっと引き受けてもらったのに…がっかり。昼食はこの2年間でサマ変わりした横浜中華街。支店は閉めて本店と菓子販売で生き残る高級店は別として、中小の店は大人数大皿主義から個人客対応にシフトせざるを得ず、ほとんどが均一料金食べ放題の店ばかりになってしまっている。こだわりの料理人も店員もいなくなり、味もサービスも二の次になった店も多い中で、まだ頑張っている旧知の店を選んだのに…。しかもコロナ理由の取消は続けて二度目。ということで昨日、個人的ごめんねランチに行ってきた。火曜というのにお昼時の中華街通りはどこもけっこうな混雑でびつくり。もっとも大半が若いカップルで、混んでいるのはインスタ映えしそうな食べ歩き小吃店ばかり。

 

2022年2月13日 (日)

畠山重忠/二俣川古戦場

Photo_20220213165701  上野の散策以降、寒いし天気悪いしでほとんど外には出ず、500歩を越える外出はたった3日。これはいかんと昨日、鎌倉殿の13人/二俣川古戦場跡ウォーキングツアーの下見がてら、旭区鶴ヶ峰を6年ぶりで歩く。前回は鎌倉~青葉区の鎌倉中道をたどるバスツアーの立寄りだったので、今回歩いて歩数・距離・時間などを確認。新しい発見もあって有意義なお出掛けになった。万歩計は14,000歩・10kmだったが、迷ったり引き返したりしたので、ツアーでの実歩数は約1万歩・7kmと推定できた。「駕籠塚」は畠山の嫡男とされる重保が、北条時政後妻・牧の方の娘婿・平賀朝雅と酒席で諍いを起こし、これが発端となって時政の謀略で由比ガ浜で殺害。さらに父の重忠と重秀も謀反人とされて鶴ヶ峰で討伐。それを追ってきてここで悲報を聞き自害、駕籠ごと埋められた内室・菊の前の墓と伝わるけど、正妻?の足立遠元・娘の子が重秀、二人目の妻、北条時政・娘の子が重保だと…菊の前はどっち?それとも別に…。

 

2022年2月 5日 (土)

昼から鈴本演芸場

Photo_20220204230901 上野「鈴本演芸場」の(2/1~10)昼席のトリは金原亭馬治さん。番組表には当代きっての人気噺家さんの名前も並ぶ。平日だしオミクロン株の感染拡大もあったけど、ご一緒仕事2つを頑張った1月のご褒美と都合良く考えて朝から出かける。あいかわらずのせっかくで早めに到着。十ン年ぶりの「下町風俗資料館」を見学。展示内容はなんとなくしか記憶に残ってなくてほぼ初訪感覚。出たとたん、あ、そうだ!と思い出して「うさぎや」でどら焼きを買う。鈴本ウラの有名店、焼肉の太昌園で独り焼肉Bランチ+ビールは〆て1,460円。安くて美味い!また来たい。12:30から始まった肝心の落語は、桂三木助さん「壺算」、柳家三三さん「やかん」、春風亭一朝さん「芝居の喧嘩」、桃月庵白酒さん「代書屋」ときて、三遊亭圓歌さんはまさかの「やかん」ダジャレネタ。春風亭一之輔さんが「呑める」で、金原亭馬治さんはなんとこの2月に「芝浜」。ええっ?と思ったがこりゃ旧正月に掛けたかと思いつつ、後でご本人に聞いたらやっぱりだった。

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »