« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月30日 (日)

たこつぼ・鎌倉殿の11人-1

Photo_20220130111901  かながわ県民割発表時点でのお伺いでは、そこそこ人数の皆さんが行きたいと言っていた「鎌倉たこつぼウォーク」 いざ募集を始めるとオミクロン株の感染拡大とともに尻すぼみ。それでも取消料期日の確定は募集定員12名ぴったり+ワタクシの13人。鎌倉の13人とシャレたつもりだったが、前日28日ちょっとびびった2名取消があってこの人数となった。たこつぼ初の現地ウォークツアーはバスツアーとは違う疲れがあって反省点だらけ。9:30出発14:30解散の行程は、昼食1時間と解説を頼んだ鎌倉文化交流館での1時間を除けば実歩は3時間。ずっと一緒ぞろぞろなので何か説明していないと間が持たず、アタマがいっぱいいっぱいで写真も撮り忘れ。たった3か所10枚の中で唯一ブログに使えたのが北条義時法華堂跡。昨年訪れた時にはテープで囲んだだけだったが、木杭が打たれてテープが白砂利に変わり、左下のはARアプリで法華堂のCG画像が見られるとの案内板。読み込んでみた、なかなか良く出来てます。

Android 法華堂ARiOS 法華堂AR

2022年1月27日 (木)

CALIFORNIA弁当の想定外

22calf まだオミクロン株が初感染と報道されていた昨年12月末。年が明けた1月25日のカリフォルニアセミナーに参加の申し込み。予定ではランチをはさんで3時間半だったが、間際になって感染拡大の影響で急遽2時間半となり、昼食もランチボックスのお渡しに変更と事前連絡が来る。ま、それならそれで挨拶が未だの会社さんをお訪ねしようと、菓子折り2つを持って出かける。あわよくばそのあと映画でも観て、居酒屋に寄ってとルンルン気分で出かけたが、なんと帰り際に渡されたランチボックスが思ってたのとちょっと違った。結構な香りぷんぷんのカリフォルニア弁当で、流石にこれを持っての会社訪問は…、とは言え外で食べるにはボリュームありすぎ。だいたいが寒くてその気にもならず。コインロッカーに預けてとも考えたが、結局どこにも寄らず持ち帰っての14:30。こうして机の上に広げてこれから遅ランチ。キリンの缶ビールは自前で、まあいいかと今日の仕事はもう終わり。菓子折りはどうすべえ。

 

2022年1月21日 (金)

年末年始 賽河原の石積み

Goto-3  昨年来のがっかりの日々を記す。11/1 かながわ県民割の参加書類6枚をメールで送付。11/9   審査OKの連絡来る。11/11 書類原本をプリントアウト 社判押して郵送。11/26 交付金通知来る。ロゴ利用の許可申請、ダウンロード・トリミング・リサイズ禁止とか横文字並ぶも申請はFAX。添え書きに送信後に着信確認入れよとあり、もしもしFAX届きました?の電話をする。12/1 やっとの開始も事前予約分は対象外で利用0円。正月気分もそろそろの1/12 突然の新規予約停止の連絡で事実上の終了…短命。戻って12/27 GoToトラベル再始動に向けてアンケート来る。1/7までに回答必須とのこと。正月休みのことは考えてないな。12/27 県民割とは別モノのかながわ旅割参加申請のお知らせ来る。 1/13申込〆切とあるも県民割参加した会社は確認だけとあったので待つも連絡なし。1/11 問い合わせると、そう書いてあるが申込書と宣誓書は送ってと言われ慌ててメール添付送付。1/17 書類審査OKの連絡来る。すぐに原本をプリントアウト。社判押して郵送。1/19 まん延防止措置発令で延期決定ごめんねメール来る。なんだこれ。

 

2022年1月15日 (土)

落語21とすみだ北斎美術館

Photo_20220115205601 金原亭馬治サン丹精会その第21回。しかしこれだけで両国の往復は電車賃がモッタイない。ならばオミクロンの増加で遠慮していた、浅草の企業さんへ新年ご挨拶もと夕方でアポを取る。さてその間は駅前で一杯と計画しているうち「すみだ北斎美術館」を見つける。聞いたことはあるけど行ったことはなかったので、ならばと脈絡のない挨拶訪問→北斎館→独り呑→落語→二人呑という予定になった。両国駅から歩くこと8分、見つけたとたん京極夏彦サンの小説「魍魎の匣」を思い出した。調べた時に写真は見ていたけど、実物は真上の怪しい雲と相まってインパクト凄すぎ。「企画展-北斎で日本史-」も良かったけれど、常設展+で6/12まで展示の、全長7m「隅田川両岸景色図巻(複製)」が素晴らしかった。あの北斎漫画も手に取って見られたりで、1時間もあればとタカを括っていたら時間足らず。次回3月の馬治丹精会で再訪しよう。で落語二席は「替わり目(前半)」と、ネタおろしでカミカミ?の「ねずみ」。電車賃のモトはとれたと思う。

 

2022年1月 9日 (日)

災い転じて七福神を成す

22-smp  6日午後に昼食処とバス会社から電話あり「明日はどうしますか」。うーん うーん どうしよう….。外はどんどん雪が降り積もってるしで、とりあえず幹事さんの返事待ちとウソをこく。だいたい向こうから掛かってこないのだから行く気ということだ。仮にそうでなかったとしても、取消料のこともありこちらから電話は出来ない。誰にも頼れないこの天候障害のヒリヒリ感は久しぶり。夕刻になって明日は快晴の予報を信じ、腹を括ってGoを出す。さてもの翌7日、雪は止んだものの横浜横須賀道路は全面通行止め。出発前のドライバーとの打合せで、東名綾瀬から辻堂、由比ガ浜経由で左からの大回り進入コースで逗子を目指す。結果は大正解で初着地の池子/東昌寺到着はわずか5分遅れ!ドライバーとエアハイタッチ。日中は抜けるような青空で、風もなくそう寒くもなく、葉山しおさい公園の海越しの白富士も美しく、雪景色の七福神巡りに皆さん喜んでくれてこちらも嬉しい。判断がひとつも裏目にならず良かった。七福神サマありがとう。

 

2022年1月 6日 (木)

2022.初春詣おでかけ

730  年賀状減少はチャンスと逆張り250枚。意気込みは良かったが住所録の重複整理が煩雑で、元日があっという間に暮れる。2日夕刻やっと発送。3日.4日は7日の七福神巡り準備と、29日の鎌倉ウォークの書類作成。これで正月がほぼ終わった。5日になってやっと昨年どちらも富士塚の改修工事が終わった羽田神社と穴守稲荷へ初詣。羽田神社はともかく、穴守稲荷は「昔はあった」のナンチャッテ富士塚だったが、なんと岩砦のようなお社タワーが出来ていてたまげた。風が強かったので目を瞑って拝んでいたら揺れているのがわかり、一瞬地震か眩暈かと思った。帰りは大井競馬場のメガイルミショーを見学。夜はもう寒いとかではなくガチ冷たい。来る途中に有名居酒屋「お山の大将」でビール1&お通し(漬マグロ5枚)、熱燗1、ハツたまご1、コブクロ刺1、まぐろトロ串2をやっつける。〆て税込1,900円 うふふ安くてシアワセ。本日の歩数17,000、距離13km。なんと今日は大雪、明日はご一緒仕事。今年もこのチョーシで頑張りたい。

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »