« ついでのついでで、ざわつく | トップページ | ワクチンパスポート »

2021年9月 5日 (日)

映画/アメリカン・ユートピア

A これは絶賛!音楽が始まって、ああっトーキング・ヘッズのサウンドだ…と感涙。デビッド・バーンの声も衰えずで良いなあ、メッセージ性も変わってない。ブロードウェイのショーを映画に再構築、監督はあのスパイク・リー。当然ながら映像も素晴らしくて、11人のダンサー&ミュージシャンが、シンプルな舞台で見せる聴かせる。手前に映り込む観客のスタンデイングオベーションの時などは、映画であることを忘れて、ちょっと腰が浮いてしまったほどの、今年イチばんの映画。と、エラそうに書いたものの、実はすっかり忘れていて、FBに誰かが挙げているのを見て、お、始まったかと調べて驚愕、わっ!もう終盤じゃないか。慌てて映画館を探して、唯一行かれる上映時間だったのが本厚木のkiki。初めての映画館だったけど、名前のとおり映像機器会社の運営なので、音響がとても良くてこれはラッキーだった。今回のランチは知ってる人は知ってる、本厚木駅から徒歩7分、酢ラーメンの「ラオシャン」へ。決してキレイとは言えない店内だけど、気さくなオバチャンが独りで切り盛り。もっともメニューはほぼこれだけ。時間の進みもゆっくり感じて良いランチタイムだった。映画、も一回観たい。

 

« ついでのついでで、ざわつく | トップページ | ワクチンパスポート »

近くば酔って目にも見よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついでのついでで、ざわつく | トップページ | ワクチンパスポート »