« ついで、ついでの五大絵師展 | トップページ | 映画/アメリカン・ユートピア »

2021年8月30日 (月)

ついでのついでで、ざわつく

Photo_20210829230001  歯の治療という大義名分を得て、いちどオキテ破りをしてしまえば後はずぶずぶ。ワタクシの自制心、倫理観なんてこんなもんです。2日後の8/26も同じように、歯医者→マレーシア料理ランチで、一昨日に休館だったサントリー美術館「ざわつく日本美術」展まで歩いて行く。6つのオノマトペ動詞で構成される、「ざわざわ」する、「ちょきちょき」する、「じろじろ」する、「はこはこ」する、「ばらばら」する。遊べる日本語は楽しい。「本展は言葉にならない心のざわめきを、"この作品のどこにざわついたのだろう?”と考えることで、作品をよく見るためのきっかけに(要約)」とのこと。安珍清姫「道成寺縁起絵巻」。次左にはすっぽり中身がない着物と、川面の舟で恐れおののく船頭。そのまた左には顔はそのまま、カラダが龍になった清姫が描かれている、江戸時代・元禄5年のホラー絵巻です。帰りは乃木希典大将宅と乃木神社を参拝。一昨日は13,300歩 10km、今回は15,000歩 11.5km。炎天下だったけど無事に脚力鍛錬にもなった!ちょっと足じんじん。

 

« ついで、ついでの五大絵師展 | トップページ | 映画/アメリカン・ユートピア »

近くば酔って目にも見よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついで、ついでの五大絵師展 | トップページ | 映画/アメリカン・ユートピア »