« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月31日 (月)

メタボリメジャー

Photo_20210529231501  健康診断の結果から特定保健指導券が届く。初めてではなく2.3年前から届いていて、何となくスルーしていたが名実ともに高齢者になり、コロナワクチンの副作用で血栓症例もあると聞き、中性脂肪の数値が高いこともあって少し不安になり、とにかくハナシを聞いてみる気になった。我ながら殊勝な考えだ。これもコロナのおかげと良い方にとらえよう。行きつけの病院で管理栄養士の担当女史と話をした結果、食事内容と運動についてはまあまあだけど、脂と糖を意識して減らすように言われた。ステーキや鰻とかの贅沢はしてないと抵抗してみたが、中性脂肪の元凶は脂肪の摂取だけでなく、糖類とアルコールにも原因があると諭される。あ…やっぱりねというのが正直なところ。3か月後の再会を約束させられ?目標は体重を2kg、腹囲で2cm減らすこと。最後にいろいろな注意書面とともに、笑顔で渡されたのがこの「メタボリメジャー」。なんだこのトドメの圧力は。

 

2021年5月25日 (火)

お試しノンアルコール飲料

Photo_20210525130701 仕事帰りは市が尾駅前にあったおでん屋台で、連夜の瓶ビールと美酒爛漫四合、その後スナックへ流れて2時頃帰宅。退勤後呑みで終電を逃した帰らず日は、新橋ダンキンで出社時間までテーブルに突っ伏しているような生活を24歳からほぼ10年。あれから30年でかなり酒量は減ったけど、365日晩酌は欠かしていない。が、ついに健康診断が危険水域で改善指導通知が届くに至り、何やらの治療薬を服用する前にそろそろ自重をと考えた。まずは禁酒デーを週いち作ろうと、あれほど小馬鹿にしてたノンアル飲料を、手のひら返しでいくつか飲んでみる。どれもたいそう不満だけど、ビール代用ではアサヒ「ドライゼロ」と、パナバック輸入のドイツ「ヴェリタスブロイ」の2つは評価良し。ハイボールテイストはジンジャエールでも代用出来そう。チューハイ晩酌はしないので料理との相性はわからないけど、サントリー「のんある晩酌」は良く出来てると思う。しかし共通する注意ポイントは、どれも冷たいうちに飲み終わること。ぬるくなると飲めたものじゃない。

 

2021年5月18日 (火)

本/赤ずきん、旅の途中で

Photo_20210518221301  レンタル映画DVD5本と図書館で借りた小説3冊、どれも面白くて日中だけでなく夜も充実していたGW。そのうちの1冊が有名童話のミステリー小説?という、「赤ずきん旅の途中で死体と出会う」。発刊された昨年はとても話題になったけど、題名からしてワタクシには未知の領域と思ったので、買わずに借りることにしたら、手にするまで7か月かかった。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠れる森の美女」「マッチ売りの少女」それぞれの短編に、アルキュール・ポワロばりの「赤ずきん」が、旅をしながら横ぐしを通す形で殺人事件を解決していくので、心の中でニヤニヤしながら読んだ。もう一つこの前作にあたる日本の昔話をネタにした、「むかしむかしあるところに、死体がありました」も同じ時に予約したのだけど、こっちはまだワタクシの前に60人が待っている。

 

2021年5月13日 (木)

充実のゴールデンウィーク

Photo_20210513161201  為す術もなくご近所を歩き回っていた昨年と違い、そのうちと先送りしていた懸案をいくつか片付けた今年のGW。墓参り、雑草・庭木果樹の手入れ、さつま芋苗の植付け、古書店持込み本の選択、熱帯魚水槽の移換などなど。なかでも17年を経たパンフレット棚の扉は、キャスターが壊れて、蝶番やネジもさびさびだったので、やっと修繕ができてすっきり…と言いたいけれど、気持ちはちょっと複雑だ。と言うのも、交通と宿がセットで料金設定された従来型のパッケージツアーが、今後は予約時の混雑状況によって日々変わる料金(いわゆる時価)を使い、交通と宿泊を別々に組合わせる、新しい「変動型ダイナミックツアー」が主流になるからで、結果として即日での料金提示が出来ない紙パンフレットは、パソコン・スマホで見られるデジタルパンフレットに変わり、いずれは消滅するだろうから…もってあと1~2年くらいか。そうなったら自転車置き場くらいしか思いつかない。

 

2021年5月 7日 (金)

墓参りと卵菓屋

Photo_20210507225401  ついつい1年以上の無沙汰となってしまった墓参り。平日なら愛川の霊園までは東名/圏央で30分ほどなのに、考え甘かったさすがのGW5/2。青葉ICから町田ICまでのろのろと40分もかかり、さっさと16号へ下りたけれど、結局2時間かかって着いた墓参は15分。せっかくだからと何処か寄り道を考えたものの、「オギノパン」も「服部牧場」も「たまご街道」も混んでるだろうと、地図を見ていてポツンと離れた所で気になった「卵菓屋」へ。神奈川中央養鶏農業協同組合という長い名前の運営する直売店で、黄色いソフトクリームの評判に魅かれて行ってみた。プリンとシュークリーム、kuretamaという人気のブランド卵を土産に購入。早いハナシどれも濃ゆい濃ゆい卵黄の味で笑ってしまう。ここの混雑がそれほどではなかったので、チョーシにのって300円玉子サンドの有名店へも行ってみたら、20組ほどが40分後に出来上がるサンドイッチを待っていて…即刻撤退。レトロ自動販売機がたくさんある店にも行ってみたいし、次は平日にいろいろ巡ってみたいグルメな厚木と相模原。

ホームページ 卵菓屋

 

2021年5月 1日 (土)

BOTCHY BOTCHY演奏

0424botchybotchy 大学時代のウエスタン音楽研究会の先輩から、24日の演奏でのトラ(代役)依頼があり、ようがすと引き受けたらリードボーカルだった。え!それはトラとは言わないのでは?と思ったが、相手は先輩なので「はい」しかない。初めてお手合わせのうえに、誰かとつるんでの演奏は1年5か月ぶり。当日は15:00~カラオケBOXで初揃い初選曲のリハーサル。が、ワタクシは元々テナーなので、リードを歌う場合もテナーリードの音域が多く、マスクをつけて7曲通しで歌ったら半端ない苦しさで、脳血管がキレるのではと思った。しばしの休憩で持参したワインを飲んで(自爆行為だ!!)再び7曲歌い直したら、さすがにぐったりで体力の8割なくした感じ。と言うことで本番ではマスクなしもOKだったので、ワタクシは外して歌わせてもらった。店内はちょい密。翌日25日から緊急事態宣言だったし、その後に、ええっ!の事態になって、ほーら見たことかと言われたくなかったので、遠出はせずにブログ様子見で6日間。本日、もうそろ大丈夫だろうと公開の由。

 

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »