« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

学びの独歩・富士塚/富士夕景

3_20210131131401  今まで気にしてなかった冬の夕焼け。火・木を休みにしたので、ぼーっと眺めることが多くなった。引越してきた昭和45年当時は、丹沢~富士山~秩父までの山々を2階から眺めることが出来たけど、今はその後に出来た住宅が遮って、見えるのは大山くらい。何とはなしに昔の富士講の皆さんにはどう見えていたのだろうと、日没時刻に合わせて池辺富士まで行ってみた。片道は4,200歩/3kとちょい。てっぺんは風が冷たかったけど、久しぶりにじわあんと感傷的な夕景を見ることが出来た。都筑区には登れる富士塚が4基。このうち山田富士は公園、川和冨士は縮小レプリカになって、当時の姿を残すのはこの池辺(元)富士と、都田中学校近くの池辺(新)富士のみ。実はワタクシまだ新富士へは登ったことがない。時間のある今のうちに行かねば。ちなみに池辺はイケベではなくイコノベが正しいそうだ。いつからか地元でもイケベと言うようになっていたが、最近になって正しくイコノベと読もうという声が高まり、現在の都筑区マップには、いこのべ/IKONOBEと表記されている。


2021年1月26日 (火)

映画/ミッション・マンガル

Photo_20210126172501 友人のFB「面白いインド映画やってるよ」に、さっそく喰いつく。なるべく近い映画館はと調べると、なんと先日行った横浜歴史博物館のトナリ。科学者を目指すと決めた時の情熱を忘れ、なんとなく日々の仕事をしている、ポンコツと思われたスタッフが、困難や障害、悪口を乗り越え、見事に火星探査ロケットを成功に導くという、期待を裏切らない定番美学ストーリー。なのにやっぱりちょい泣く。驚くことにこれは実話だそうだ。が、インド映画なのでかなり盛ってるとは思う。素人目にも流石にそれはないでしょの、ご都合展開があちこちだけど、そういう了解で観てるのでとても楽しいし、だからこそのインド映画。いつもより踊りが少なく、上映時間も2時間10分。ずいぶんあっさりと思うのは、インド映画のこってり慣れか。コロナ禍で鬱屈した日々のカタルシス。気分上々でランチはがっつりトンテキ。腹ごなしに7K/9,000歩を歩いて帰る。昨日も10,500歩/8K歩いた。緊急事態宣言で時間はたっぷり。しばらくは心とカラダの健康を優先しよう。


2021年1月23日 (土)

日通旅行の廃業・解散

Photo_20210120122501 今はあまり馴染みがないかもしれないけど、かつて日本交通公社(JTB)と組んで、海外パッケージツアー「ルック」を造成していた、日本通運グループの歴史ある、登録番号第19号の旅行会社だ。(ワタクシがいた会社も同時代の老舗だったがとっくに消えた)。3月末で廃業とのことで残念。創業1955年で今年65歳はワタクシと同じ。何となく自分も引退するようでサビシイ…。東京で海外旅行の仕事をしていた頃、航空券の発券や持ち席の融通、チャーター便の共同仕入れなどで、少しくお付き合いがあった。その後に出来たNTSというホールセラー子会社とは、今の自分の会社でも取引させてもらったが、こちらも一緒に廃業だそうだ。手元に1967年当時のツアーパンフレットがある。旅行をしたのは当時12歳だったワタクシを置いて、2週間のアメリカ周遊ツアーに参加した母。爪に火を灯す母子家庭だったのに、親類縁者から借金をして出かけたと叔父から聞いた、流石である。今では誰も貰わないと思う日付変更線通過記念証は、当時の状況とご愛敬がわかって興味深い。ま、それはともかくこの状況が続けば、さらなる旅行会社消滅もありそうだ。


2021年1月20日 (水)

学びの独歩・満願寺と横穴墓

211_20210117131301 この先一週間は寒いらしいので、なま暖かい南風が吹く16日、以前から知っていたけど、訪れたことがなかった2か所へ、昨日の今日またもの9.5kmの遠出歩き。誤算は選んだルートが野越え山越えだったこと。意地の往復歩きでさすがに少し太もも痛。途中で賽銭硬貨を忘れたことに気づき、先に通称、荏子田のカンカン穴へ。内部が珍しい切妻型とのことだったが、覗くこともできずでこの放置状態は誠に残念。近くのコンビニベンチで、青空を見上げながらの、缶ビールとコロッケパンでお賽銭作りのランチ。さて山号寺号「金剛山成就院満願寺」は、二代将軍徳川秀忠とその妻お江の方こと崇源院の、二人の位牌があることで有名な真言宗のお寺だ。このあたり石川村が江姫の化粧料地(お小遣い結納領地?)だった由縁かららしい。浅井三姉妹の三女として、豊臣秀吉、織田信長、明智光秀など、お江の相関図はとても面白いのだけど、複雑すぎて深く手を突っ込んだことはない。2011年のNHK大河「江~姫たちの戦国」を観た時の、そこそこ知識でまあいいかと。


2021年1月17日 (日)

学びの独歩・地元の古墳群

211_20210116221901 外歩きイベントなら大丈夫だろうと、地元の古墳巡りウォークの企画と講釈を頼まれた。ワタクシ住まうこの地域は、縄文、弥生、大和(古墳)の各時代、たくさんの古代人が生活していて、足元は古墳と遺跡だらけ。自治会館そのものが古墳の上に建っていたりして、それをぶっ潰して移り住んだのがワシらということを、多くは知らずに暮らしている。そんな皆さんとは言え、先達講釈をとなると、今までの1分説明でと言うワケにもいかず、こりゃズイマーとあわてて学び直し。いつもどおり歩いて横浜歴史博物館と大塚・歳勝土遺跡を見に行く。片道5km/1時間と読んでいたが、館内と遺跡公園を歩き回ったら、帰宅までは〆て9kmになった。どっちも十数年ぶりの訪問。かなり改修・整備されていて、原始~古代2,000年前のムラの姿や、ちょうどいま読んでいる、横浜近代史の掲出資料もあって、これはこれはの恐れ入りやの鬼子母神。昼食にインド料理の名店ニルワナムで、カレーバイキングをたらふく食べてインドビールを飲んだら、どっと疲れが出て帰りは電車。


2021年1月12日 (火)

市ヶ尾町公園の清掃

211 ものすごく地味なタイトルだけど内容もそのまんま。7日に決まった緊急事態宣言の再発出で、例年の都内顧客への年始お伺いは中止。GoToトラベル&県民割も、昨年末の休止で仕事は全トケ。半月ごとの状況報告と、データCSV変換からの12月分申請・原本送付などは、また仕様が変わってマニュアルどおりの画面にならず、泣きそうになりながらも、6.7日でなんとか作業完了。それ以外、先週末から記憶に残ってるのは、NHK「麒麟がくる」を見たことぐらいだ。やることがない店番なら猫でも出来るので、スタッフは週2出勤に。店の営業も月、水、金、の週3にした。時間はたっぷりできた。が、そうは言ってもとくにやることもないので、本日は地元自治会の枯葉清掃に参加、にしても朝9時はまだ寒いや…。終わっての午後はTV、ゴゴスマ~Nスタというルーティンでは、この先が思いやられる。また近隣探訪ウォークを再開することにするか。さて何処へ行こう。


2021年1月 6日 (水)

品川神社の富士塚・初詣

Photo_20210106224401 正月も4日、初詣もそろそろ落ち着いたかなと、以前から行ってみたかった品川神社へ。とは言うもののイチばんの目的は、写真左上にそびえる高さ15mにも達する富士塚(品川冨士)であります。最寄り駅が京浜急行・北品川駅で、ワタクシのところから交通の便が悪かったので、今回がホントの初詣。お天気良くて寒くもなかったので、電車で遠回りせず東急・大井町駅から歩く。ゼームス坂を下って30分で品川神社。参拝後、満を持して富士塚てっぺんに登拝、眺めはサイコー!意外にも築山は明治だそうだが、素材はほとんど富士山の溶岩というから凄いもんだ。その当時は東京湾が一望だっただろう。その後は旧東海道で、荏原神社~青物横丁~池上通り(仙台坂)を経由して、また大井町駅に戻る途中、営業中のせんべろ立呑み・晩杯屋を発見。ちょっとだけよと、生ビールジョッキ、煮込み、レバーフライに、〆で燗酒を頼んで計970円!安い~。どうやら明日にも緊急事態宣言のようだし、県外初詣滑り込みセーフって感じ。


2021年1月 2日 (土)

初春のお慶びを申し上げます

2021 昨年のご一緒仕事はとうとう2つだけだった。毎年の年賀状は旅行先の写真で作っていたので、今回はそんな事情で素材が揃わない。さあ困ったぞと悩んだ末に、この手があったと、御守コレクションのコロナ退散祈願です。参拝した神社仏閣で見つけた時にお授け戴いた、素敵なデザイン、変わった意図のお守り袋は、眺めているだけで楽しいけれど、こんなカタチで役に立っていただけるとは思ってもみなかった。あちこちの御守を持っていると、神サマ同士が喧嘩して良くないという説もあるけれど、かえってそれぞれの出自地の話で、わいわい盛り上がって楽しいんじゃないかと、そこは自分に都合よく考えている。もっとも、アマビエの御守を見つけた時は、乗っかる神社もあるんだなあと鼻で笑っていたのだけど、この事態になって慌てて熊谷の高城神社へ参拝、お授けいただくという、手のひら返しのバチ当たり野郎なワタクシであります。


« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »