« スケボーを真っ二つにする | トップページ | 名酒は看板を要せず »

2020年6月13日 (土)

神奈/箱根湯本 お宿の再開

Photo_20200613174101 コロナウィルスの影響で休業していた箱根湯本温泉のホテルが、営業再開で県内業界関係者に、感染予防対策の検証と、従業員のウォーミングUPという目的で、優待料金を設定してくれたので、県内移動なら良いだろうとさっそく行ってきた。入口で検温、手の消毒、フロントの飛沫防止パネル、夕・朝食の提供方法など、安心第一の対応はほぼ申し分なく、ワタクシも良い勉強になった。何よりも久しぶりの露天風呂がサイコー! さて梅雨入りの曇天で、来るときは雨でも影響がない、茅ヶ崎の熊澤酒造と併設のパン屋「mokichi bakery」に寄ってきたので、帰りも元箱根のパン屋「Bakery&Table箱根」に寄って、御殿場経由で帰宅することにしたのだけど、畑宿あたりから強風&濃霧で真っ白け。こんな天気で営業してるのか?と着いてみれば、そうしゃるでぃすたんすを守って、レジ待ち行列がこのとおり。窓の外はすぐ芦ノ湖畔だけど何も見えない。御殿場でもついでだからと和菓子の「とらや工房」に寄る。帰るときになってここは静岡県だったと気がついた。今回のパン店の感想は2店とも「ふつうに美味しい」。

(ホームページのTopicsに、感染対策お宿レポートを載せました)


« スケボーを真っ二つにする | トップページ | 名酒は看板を要せず »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スケボーを真っ二つにする | トップページ | 名酒は看板を要せず »