« 忙しくて怠惰な日々 | トップページ | 本/三体-その1 »

2020年3月 8日 (日)

映画/1917命を & 地獄の

37-cinema109新しくなった南町田グランベリーモールへ映画を観に行く。すっかり今風のアウトレットになっていることに賛辞。とは言えワタクシの歳に見合う店が少なくて残念なり。さて映画は気合を入れて「1917 命をかけた伝令」と、40年ぶりの「地獄の黙示録 Final Cut」を連続鑑賞。「命をかけた…」は、うっかり観てしまったメイキング予告映像が失敗だった。せっかくの長回しなのに、記憶にある場面でそのセットを思い出して、没入感が途切れてしまうのだ。しかしそれを別にすれば、ストーリーが単純で深読みの必要がないので、没入臨場感をたっぷり楽しめる、とても良くできた作品でした。「地獄の…」はCGのない時代によくこれを…と改めて驚いた。場面映像すべてが美しく、その迫力をさらにIMAXで観られたのだから、シアワセ&再感動以外に言葉がありません。"戦争という日常"の極限状態によって、次第に人間が浸食され"狂気の日常"となっていくことなど、若い頃に読み取らなかったことを今になって理解。ところで109シアターは、コロナ対策で普通席を1つおきに規制したのだけど、行ってみたら330席に観客約30人のがらがら状態。これはさぞかし余裕!と思ったら、地獄…は3時間モノなので、1つおき規制がない16席エグゼクティブシートすべてが満席で、結果として一番良いすぐ後ろの普通席に15人程が一席おき三列に陣取ることになった、おそらく映画館の想定になかった中央密集陣形に、ふふっと笑ったワタクシでした。


« 忙しくて怠惰な日々 | トップページ | 本/三体-その1 »

近くば酔って目にも見よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙しくて怠惰な日々 | トップページ | 本/三体-その1 »