« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

神奈/Boulangerie ヤマシタ

 B 商店街連合会による、毎年恒例の箱根湯本温泉賀詞交歓会。泊りだけのご一緒仕事だけど、河鹿荘×1→湯本富士屋H.×2→天成園×1→パークス吉野×2→H.おかだ×2と歴訪して、今年はNew!のH.おくゆもと。ついに最奥までたどり着いちゃった感じ。でも過去のホテルが良くなかったワケじゃない。幹部役員の皆さんの「飽きた!同じぐらいの予算で他を」の一言で、お仕事上あれこれ交渉して決まるのです。いつも往復を地元商店街の方の車に乗っけてもらうのだけど、今回は帰りに「鈴廣かまぼこに飽きたので、何か他に良いウチ土産ないですか」と聞かれ、ここ二宮にあるパン屋さん「ブーランジェリー・ヤマシタ」へご案内。お店が小さくて目立たないうえに、場所もわかりにくいのだけど、ワタクシ好みのハード系パンが、棚にぎゅっと詰まっている、小さな小さなパン屋さんです。お気に入りはシンプルでウィスキーのおつまみにバッチ!の「バゲット」と「プチ・フロマージュ」。それとワインのお伴にグー!の「いちじくとゴマのカンパーニュ」。平日の11時だというのに老若男女がひっきりなしにご来店。店内が狭いので3人以上は入れない。お薦め度は★4つ。


2020年1月29日 (水)

福島/帰還ミッション完了!

Photo_20200129223101 コロナウィルスの渦中にある武漢在住邦人が、今朝9時にチャーター機で帰国したが、ワタクシの帰還ミッションはそんな人道的なものではなく、昨年10月末に転んで右肩を骨折した、会津若松の義母93歳の婆サマ。地元センセーのご託宣は、「東京の3人娘に回復までメンドーを見てもらえ」と言うもので、正月をまたいだ3か月、川崎・すずかけ台・当宅をたらい回しとなっていたが、予定の3月を待たずにすっかり元気になり、食欲旺盛・悪口雑言から、終いにはワタクシの母の墓参りに行ってはしゃいで、転んで頭から血を流すに至り、「いいかげんにもう帰れ!」と言うことになり、車があって何とか時間が作れるワタクシに、乗せて還すという使命が下ったのだ。が、来てみれば真冬だというのに雪はなし。ここぞとばかりに、クマが出ると脅されていた東山温泉「羽黒山湯上神社」に詣でてみた。ここは階段好きにはたまらない1225段があり、熊本の3333段、本家羽黒山神社の2446段、琴平神社1368段に次ぐ、登段歴第4位となったのでした!頑張っての往復1時間。現在少しばかり筋肉痛であります。


2020年1月19日 (日)

ジンさん追悼 ロッキーライブ

Rtp ライブハウス"Rocky Top" 1/17の演奏予定は、昨年11月に決まっていたのだけど、リーダーが亡くなったので、「どうする?ヤメたいけど、そうもいかんしなあ」などと、皆で腑抜けたことを話していたところ、いつのまにかお店の案内が、「ジンさん追悼ライブ・オージンバンド」になっていることに気がついた。店長のTぐちサンが先手を打ったのだった。じゃあ演るしかないねえということになって当日、遺影も花も用意してないことに気がついた。慌ててお見送りの時の写真から切り抜いて、黒じゃないけど紺の額縁で代用、「いぇーい!」を作成。駅の花屋でミニ花束を買うも「バラが入ってますけどいいですか」と言われ、「時間がないからそのままで」と答え、到着してから供える飲み物がないことにも気がつき、ワタクシ飲みかけのワインボトルを置いて、なんとか格好つけました…やれやれ。宣伝効果はバッチリでほぼ満席。弾ける方にはジンさんとの思い出を語っていただいて一曲お願いした。おかげさまでワタシらの演奏は最少限、ギャラは最大限。ジンさんに最後までお世話になりっぱなしで、ありがとーございました!


2020年1月15日 (水)

神奈/菜の花・吾妻山

20_20200115224201 当社"たこつぼ俱楽部"会員、初春バスたびのお題は「菜の花/吾妻山と大磯/左義長」。左義長については昨年書いたので、菜の花まつりが始まったばかりの吾妻山と猫の写真を載せる。1週間前の天気予報ではこの日だけが雨模様。昨年続いた辛い出来事とともに、ついにお天気運も尽きたかと思いきや、どっこい薄曇りの一日でほぼ傘なしノー問題。夜の豪快に燃え上がる左義長の火を浴びた厄落としで、気持ちも新たに元気が出た気がする。で、JR二宮駅前にそびえる標高136mの吾妻山へは、駐車場から徒歩40分かかるがほぼ階段がない道と、300の階段はあるが20分で展望台まで到着できる道があるのだけど、皆さんにはゆっくりのんびりマイペースで300段を上ってもらった。残念ながら富士山は望めなかったけど、手前の丹沢・箱根の山々、相模湾、初島、伊豆半島を眺めながら、お弁当タイムを含めての90分。寒すぎず暑すぎずの薄日射す吾妻山で、気持ちほっこりのネコさまと菜の花であります。


2020年1月 9日 (木)

20.1/2 杉山神社初詣

 20_20200109215601 昨年は年明け早々、道楽の音楽バンドのベース弾きの弔いに始まり、3月には地元新聞店ミニコミ紙の編集長だった友人が退職、それまで5年ほど一緒にやっていた、歴史・民俗をテーマにしたバスツアーが終了となった。時同じくして11年連れ添った?女性スタッフも退職。そして年末には音楽の友人3人のお弔いが続いて、トドメの4人目は12月20日、35年間一緒に演奏をしてきた、バンドリーダーのお弔いだった。そんなこんなのたくさん別れがあったせいか、年が明けても気分がすぐれず、正月はこれと言ったお出掛けもしなかったが、都合の良い時だけの神頼み、初詣ばかりは欠かせない。昨年3月のブログに書いた、横浜市に点在する謎の杉山神社の一つ、鶴見川を渡った千草台の杉山神社へ。元日はこの階段からぐるっと、左手にある坂道まで行列になるが、2日午後ともなると参詣者は30人程度。産土神らしいたいへん良い雰囲気で、例年どおり破魔矢を授かる。今年は昨年の別れを上まわる新しい出会いを祈願。5月から来てくれている女性スタッフも早や6か月。どうやら居ついてくれそうでホッとしている。


« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »