« NEW!ホームページ | トップページ | 映画/アド・アストラ »

2019年9月16日 (月)

本/ベルリンは晴れているか

Photo_20190916104501 「夢とは忘れられていたものが仕返しに来る時間」と、誰かが何かに書いていた。ワタクシもご多分に漏れず、夜中に起きて用を済ませ、すぐまた夢の中へ戻れるなら良いのだけど、それまで見ていた夢が仕返しの最中だった時は、その後、半睡不安状態で時間が過ぎることが多い。そういう場合は読書で脳内の場面転換をすることにしている。4年ほど前に読んだ「戦場のコックたち」。書評には読んだ多くの方々が、翻訳だと思ったとあるがワタクシも同じ。作家は深緑野分さんという女性。当時を見たような情景描写とドイツ軍側の視点で書かれた、謎解き短編集でとても面白かった。で、昨年購入して積読だった次作の「ベルリンは晴れているか」。すでに文庫本が出ていて新刊購入した意味なし。ここ数日の夜中読みでやっと読了。ナチス・ドイツが負けて、米ソ英仏の4国統治とその対立下で起きた殺人。疑われたドイツ人少女・アウグステと、周囲に展開する登場人物たちとのストーリー。現代にも多くある事件に繋がる真相にため息。2冊まとめてゼヒにとお薦め。


« NEW!ホームページ | トップページ | 映画/アド・アストラ »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NEW!ホームページ | トップページ | 映画/アド・アストラ »