« 東京/金属資源リサイクル | トップページ | アートフェア東京2019 »

2019年3月 5日 (火)

杉山神社フォーラムⅢ

Photo今、ワタクシが住まう横浜市青葉区、その昔は都筑郡であった。現在の都筑区、青葉区、緑区、旭区と、港北区・保土ヶ谷区の一部に加え、川崎市麻生区の大部分というからかなり広い。また横浜市の東部一帯(含む全川崎市)は橘樹郡。南部一帯(金沢区・磯子区など)は久良岐郡と言った。この3地域のみに広く鎮守として存在する「杉山神社」。主に鶴見川沿いに多いのだけど、これが起源のわからない謎多き神社なわけです。以前、瀬谷区、泉区、藤沢市を流れる境川沿いに11(12)社ある、こちらも謎の「サバ神社」を巡るバス企画を実施したことがあるけど、いったい誰が最初に、何を目的に祀り勧請したのか、そしてどういう理由で、誰が広げていったのか、その地域のみに存在する神社と言うのは実に面白いのだ。今回のフォーラムは関連盛り込みすぎで、少々残念な内容だったけれど、無料の催しなのでまあ仕方ない。日本史学者「盛本昌広」さんの、信仰の広がりを鶴見川、帷子川、大岡川などの、水系流域から考察した講演は、興味深く拝聴させていただいた。

« 東京/金属資源リサイクル | トップページ | アートフェア東京2019 »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京/金属資源リサイクル | トップページ | アートフェア東京2019 »