« お十夜双盤念仏と御詠歌 | トップページ | 欲張りパンジー »

2018年12月 6日 (木)

岡山/備中・城址巡り

Photo_212/2-3 そのスジの皆さんと、岡山の城めぐりをしてきました。まずは当時のまま現存する12天守閣のうち、最も高所(標高430m)に残る「備中松山城」(左上)へ。天然の岩盤上に、石垣を築いて造られた二重櫓から、奥の天守閣を望む構図が、とても山城らしくてワタクシのお気に入りです。で、次はご存知の方も多い、秀吉の水攻めと、中国大返しで有名になった「備中高松城」(左下)へご案内。あまりのペッタンコさに、皆さん「こんなに両極端とは思わなかった」と。そして3つ目は古代の山城「鬼ノ城」へ(右上)。桃太郎伝説発祥の地と言われ、大和朝廷の頃に造られたとされる神籠式山城で、礎石などは残っているものの、誰がいつ何のために造ったのか、まったく記録がない謎の城跡です。山肌の紅葉がとても素晴らしかったのですが、ほとんどの方がもう足に来ていて、ここまで到達したのはわずか4名ほど。残念!絶景を見逃しましたねえ。そして2日目はわずかに雨模様、しっとり風情ある後楽園からの岡山城です。もちろん登城もしましたが、エレベーターがあるとわかって皆さんひと言、「あ、それなら上る」。

« お十夜双盤念仏と御詠歌 | トップページ | 欲張りパンジー »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お十夜双盤念仏と御詠歌 | トップページ | 欲張りパンジー »