« リリー・ピッキン/尾崎ブラザーズ | トップページ | インドネシア-2/ジョグジャカルタ »

2018年7月 7日 (土)

インドネシア-1/ボロブドゥール

18borobudur

およそ50年(と考えられている)をかけて造られたのに、1000年以上ものあいだ、土砂と密林に埋もれていて、1814年に土中から掘り起こされるまで、歴史から消え、人々からも忘れ去られていた、ジャワ島にある世界最大の仏教遺跡です。とにかく謎だらけで、小山のように埋もれていたのは、ムラピ山の噴火埋没によるものとする一方で、土台の土と覆っていた土砂が同じであることから、完成して人為的に埋められたとする説も。建造法も石を積み上げただけで、中にピラミッドのような空間はない。また積み上げる途中で、補強が必要になったらしく、内側に最初の外壁となった基壇が存在していて、現在、この二重構造が一部だけ見られるようになっている。この最下層のレリーフは、煩悩に支配された「欲界」の人間どもで、享楽に対する「因果応報」がテーマらしい。見ると酒を呑んで踊ったりするのもダメなようだが、やっぱり楽しそう。ずっと煩悩に支配されててもいいや。

« リリー・ピッキン/尾崎ブラザーズ | トップページ | インドネシア-2/ジョグジャカルタ »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リリー・ピッキン/尾崎ブラザーズ | トップページ | インドネシア-2/ジョグジャカルタ »