« コロッケ・MIMIC TOKYO | トップページ | 青森-2/陽光新緑の奥入瀬 »

2018年5月28日 (月)

青森-1/洋館の城下町・弘前

Yokan

5/25-26は、20ン年ぶりの青森ご一緒仕事。青森空港から黒石へ入り、B級グルメ「つゆ焼きそば」付のランチ。黒石駅から弘南鉄道、懐かしの東急7000型に乗って弘前へ。「桜の弘前城」や「津軽三味線」が有名なので、トーホグの純和風の街と思われがちですが、明治維新以降、早くから宣教師を招いて「学都」を目指したため、今でも教会や洋館が多く残り、また近代建築の巨匠「ル・コルビュジュ」の一番弟子だった、「前川國男」の建築8作品も残る、モダニズム溢れる街であり、さらに特産の「りんご」を使った、アップルパイ、タルトタタン、シードルの有名店も数知れずで、意外や楽しみ多い和洋ミックスの街なので。幹事サンが女性だったので、ワタクシもチョーシに乗って、アップルパイ5店を食べくらべ。やはりネット検索上位の2店が別格の美味しさだった。大好きな歪みガラス向かいの鏡面壁に写る、宣教師の住まいに使われていた「旧東奥義塾外人教師館」。

« コロッケ・MIMIC TOKYO | トップページ | 青森-2/陽光新緑の奥入瀬 »

近くば酔って目にも旅心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロッケ・MIMIC TOKYO | トップページ | 青森-2/陽光新緑の奥入瀬 »