« 浪曲師 国本武春 | トップページ | 門仲・深川あたり初詣 »

2015年12月29日 (火)

幸運の書「降霊 怪談」

Kasaisan

忘年会続きで朝起きてもアタマがぐらぐら。それでも昨日は内藤陳サンの命日だったので、ゴールデン街/深+へ。このサインをしている若者は、数ヶ月前に青森から作家志望でこの店を訪ね来た時に、彼の敬愛する作家、平山夢明サンと編集者がたまたまここで呑んでいて、茫然とするなか、持って来た原稿を読んでもらったのがキッカケで作家デビューを果たした、とてもラッキーで引きの強い葛西俊和さんです。で、このサイン本を戴いたのだけどワタクシの苦手なホラー…。お正月に指の隙間から読むことにします。

◆「降霊 怪談」 葛西俊和 竹書房文庫
1/2 読了.プチ怖い話に少しの優しさが感じられる短編集で面白かった。これなら苦手じゃない!

« 浪曲師 国本武春 | トップページ | 門仲・深川あたり初詣 »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浪曲師 国本武春 | トップページ | 門仲・深川あたり初詣 »