« 田酒/特別純米 | トップページ | 山梨/立て板にワイン »

2014年6月29日 (日)

三秒間の死角

Sanbyokan

これは面白いっ!上巻は事前詰め込みが多くて少しもったりだけど、その分下巻はそれを踏み台にぐんぐん読めます。ダメ責任者と思われた人が仕事に対しては矜恃があって、そのことで流れが変わったりして、後半は見事な鳴門の渦潮状態になり期待通りの結末。良いですねえ。横からくちばしを突っ込む孤高の警部エーヴェルト・グレーンスには少しずつ味方が増えていくのだけど、刑務所に入っている見捨てられた潜入捜査官パウラ(ピート・ホフマン)にも、生き抜くためのわずかなチャンスと周到な用意が…お薦め。

« 田酒/特別純米 | トップページ | 山梨/立て板にワイン »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 田酒/特別純米 | トップページ | 山梨/立て板にワイン »