« 柳家三語楼披露興行 | トップページ | 潜航せよ »

2014年4月11日 (金)

暗殺者グレイマン

Grayman

これは凄い!凄すぎるぞ。噂を聞いてずっと読みたかった冒険アクション小説をやっと読了。人目につかないグレイマンと言うけれど、やることはかなりお目立ちの主人公ジェントリー。数々の銃器を携え次から次へと攻めてくる敵を、あるときはピストルで、そして素手で壊滅させながら生き抜くのだ。「んなこたあり得ない」なんて考えてはイケナイ。ひたすら「こいつなら出来る!」とわくわくしながら、ときどき息も3分くらい止めて没頭して読むのだ。最後も「あれ!あんたホントにそれでいいの?あらー」という終り方。次も楽しみ。

« 柳家三語楼披露興行 | トップページ | 潜航せよ »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

わたしゃ、主人公が「もうダメだあ」ってなった時にかかってきた1本の電話でやられちゃいましたよ。うまいよなあ。

ちなみに、第2作、第3作も絶賛オススメであります。


♪よしだ まさしさま
久しぶりにあり得ないスーパーヒーローを堪能しました。言われるようにギリ状況からのどんでんが素晴らしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳家三語楼披露興行 | トップページ | 潜航せよ »