« 劇団NLT/舞台は夢 | トップページ | 千葉/海へ続くガードレール »

2014年3月27日 (木)

季刊誌 Kotoba

Kotobataberu

新宿ゴールデン街"深+"のゆうすけサンから「太田サンが集英社のKotobaという本に、在りし日の内藤陳会長とここのことを書いてくれてますよ」と聞いて購入。居酒屋作家?の太田和彦サンとは深+で会長とともに何度かお話をしたことがあるのです。さっそくに読んでみるとKotobaという書名どおり、その他にも「谷戸という地名に刻まれた音がなくなってしまい、たまプラーザのような商品化された地名が増えた」という寄稿や、特集の「食べる」ことについての対談などが満載で、思いがけず隅々まで読める本でした。お薦め!

« 劇団NLT/舞台は夢 | トップページ | 千葉/海へ続くガードレール »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 劇団NLT/舞台は夢 | トップページ | 千葉/海へ続くガードレール »