« 天狗舞 普通酒 | トップページ | 夜に生きる »

2014年2月19日 (水)

本醸無濾過生原酒・ともぞう

Bannotomozo

「ともぞう。って、ちびまる子の爺サマかー?」なんて笑いながら、御酒は昨年呑んだ佐久市の「伴野酒造/澤の花」だったのでスペックの確認もしないで購入。で、さっそく晩酌に冷やで呑んでみると、ずしんと重くて濃い呑み口!「あれ、なんじゃこりゃ」とラベルを見るとアルコール分20度の記載。甘さ酸味がとろ~りながらキレも良く、ワタクシにはとても危険な御酒でありました。二合呑むところを一合半で押さえたので経済的にもなかなか。何よりも久しぶりにゆっくり口に含んでグビリ。「美味し!」とつぶやく時間を味わうことができて嬉し!

« 天狗舞 普通酒 | トップページ | 夜に生きる »

近くば酔って目でも呑め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天狗舞 普通酒 | トップページ | 夜に生きる »