« ハンバーガーミート | トップページ | 群馬泉 <山廃酛純米> »

2012年4月11日 (水)

エージェント6

Agent6三部作の第一作は「チャイルド44」。第二作が「グラーグ57」。そして三作目がこの「エージェント6」。旧ソビエト。東西冷戦。アフガニスタン侵攻といった時代を背景にして、国や組織の都合に翻弄され、さらに裏切りや憎悪によって苦しい状況に追い込まれてゆく、主人公レオ・デミドフの苦難を描いた冒険小説です。
登場する女性達の個性が、しっかり描かれていて印象に残ります。この第三部は、家族への愛を貫くストーリーがとても切ないのです。
ワタクシの冒険小説協会大賞イチ推し小説!

« ハンバーガーミート | トップページ | 群馬泉 <山廃酛純米> »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンバーガーミート | トップページ | 群馬泉 <山廃酛純米> »