« 健康診断 | トップページ | 武春まつり初日 »

2012年3月31日 (土)

夜去り川

Yosarigawa

志水辰夫先生の「夜去り川」。
飛行機が着陸していくような小説でした。
最初のうちはどこへ行くのかわからないけれど、読み進むうちに少しずつ方向が見えてきて、車輪がでる頃にあれ?もしかして自分の思ってる行き先と違うのかなと思うのだけど、ちゃんと思ったとおりの場所へランディング。
読み終わって気持ちさわやか。さすがです。
登場する3人の女性と、主人公をとりまく男達のハードボイルドな生き方。そして人々の交流などを、シミタツ節と言われる独特の文体で味わうことができる、とても素敵な小説です。

« 健康診断 | トップページ | 武春まつり初日 »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康診断 | トップページ | 武春まつり初日 »