トップページ | 迎撃せよ »

2011年8月 1日 (月)

異聞太平洋戦記

Ibuntaiheiyosenki 柴田哲孝さんの書いたものはどこまでがホントなのか、わからないのが困りもの。
「そうかもしれない」→「なるほど」→「そうだったのか」と、脳ミソがノンフィクションの記憶として仕舞い込んじゃいそうだ。
本文に「だったのだ」とは書いていないのに、読み手が勝手に結論を出してしまう書き方が、ずるうまの面白さでした。洗脳されてゆく短編小説というところでしょうか。
でも、まず「下山事件 -最後の証言-」を先に読まないとね。

トップページ | 迎撃せよ »

近くば酔って目にも読め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 迎撃せよ »